「ブラームスが好きですか」キム・ミンジェ、自身の演奏を盗んだ教授に怒り?

Newsen |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=SBS「ブラームスが好きですか」放送画面キャプチャー
キム・ミンジェがチュ・ソクテとの関係を整理した。

19日に韓国で放送されたSBS月火ドラマ「ブラームスが好きですか」第15話で、パク・ジュニョン(キム・ミンジェ)はユ・テジン(チュ・ソクテ)教授に最後の挨拶をした。

テジンはジュニョンのピアノ演奏を自身が弾いたものだと主張して対立した。テジンはジュニョンが演奏したものだと知りながらも、自身に良い評価が相次ぎ、知らないふりをした。しかし、イ・ジョンギョン(パク・ジヒョン)とパク・ソンジェ(チェ・デフン)が真実を明かした。

その後、ジュニョンはテジンに「教授が好きではなかったけど、こんな形で終わるとは思わなかった。帰ります」と最後の挨拶をし、テジンは「私なしで、君一人でできるのか?」と尋ねた。

ジュニョンは「10人から平等に7~8点をもらう方法は教授から学んだかもしれないけど、9人が5~6点と評価しても、1人から10点をもらうほうがもっと意味があるということは学んでいない。だから今は後悔している」と話した。

記者 : ユ・ギョンサン