今月の少女、タイトル曲「Why Not?」MVを公開…ガールクラッシュな魅力をアピール

OSEN |

写真=MVキャプチャー
今月の少女(LOONA)が、華やかなお祭りの場にリスナーたちを招待する。

今月の少女は19日の午後6時、さまざまな音楽配信サイトを通じて、ニューミニアルバム「Midnight(12:00)」全曲とタイトル曲「Why Not?」のミュージックビデオを公開した。

今年2月に発売されたミニアルバム「#」に続き、「Midnight(12:00)」でカムバックした今月の少女は、“ミッドナイト・フェスティバル”を通じてユニークな世界観を披露し、ガールクラッシュ(女性が女性に対して憧れの感情を抱くこと)な魅力をアピールした。

ニューアルバム「Midnight(12:00)」は、「With all LOOΠΔs around the world(世界のすべての今月の少女とともに)」というスローガンを打ち立て、世の中のすべての今月の少女たちはいつも一緒に居て、いずれも同等であり、自由を得る価値のある存在だというメッセージが込められている

特に今回のアルバムも前作に続き、SMエンターテインメントのイ・スマン代表プロデューサーがプロデュースを担当して、期待を集めている。

タイトル曲「Why Not?」は、自由で個性溢れる自我を追求するストーリーが盛り込まれたアップテンポのエレクトロポップ曲で、ミッドナイト・フェスティバルを連想させるファンキーでハツラツとしたベースラインが印象的だ。カリスマ性溢れるイントロで始まった楽曲が、サビではノリノリのメジャー風に変わり、リスナーを惹き付ける。

「月明かりのお祭りが開かれた夜 / 恍惚になったこの瞬間 / 胸がいっぱいになるほど眩しいのに / 今時計は12時 / 目を閉じたら / 私を包むこの気分」「Ooh la la あ、どうして、あ、どうして、あ、どうして / Ooh la la どうしてどうしてダメなの?ダメなの? / みんな私と一緒にリズムの上をGroove it / 気分によって雰囲気によって Why Not?Do it!」

また、同時に公開されたミュージックビデオには、メンバーたちの華やかなビジュアルとパフォーマンスが盛り込まれており、感覚的な映像美が際立つ。

前作「So What」で強烈なカリスマ性を見せた今月の少女は、「Why Not?」を通じてカリスマ性にハツラツとした魅力を加えて、もう一度世界のファンを魅了する予定だ。

記者 : チ・ミンギョン