チョ・ビョンギュ&gugudan キム・セジョンら出演、新ドラマ「驚異的な噂」予告ポスターを公開

OSEN |

写真=OCN
OCN下半期の期待作「驚異的な噂」が、予告ポスター2種類を公開して期待を高めている。

OCN「サーチ」の後番組として2020年11月に韓国で放送されるOCN新土日オリジナル「驚異的な噂」が19日、チョ・ビョンギュ(ソ・ムン役)、ユ・ジュンサン(カ・モタク役)、gugudanのキム・セジョン(ト・ハナ役)、ヨム・ヘラン(チュ・メオク役)の強烈なオーラとダイナミックなカウンターアクションが盛り込まれた予告ポスター2種類を公開した。

同名のウェブ漫画を原作とする「驚異的な噂」は、悪鬼ハンターのカウンターたちがククス(韓国式そうめん)店のスタッフに扮して、地球の悪霊を退治するという痛快な悪鬼打破ヒーロー物語だ。永遠不滅の命のために地球に降りてきた極悪非道の悪霊の魂を、異なるユニークな能力でやっつけるハンターの話が繰り広げられる。



人気ウェブ漫画「驚異的な噂」は、レビュー10点満点と閲覧数6,500万回超えを記録し、人気漫画として好評を博している。すべての出演作で作品性と興行性はもちろん、素晴らしい演技力を誇るチョ・ビョンギュ、ユ・ジュンサン、キム・セジョン、ヨム・ヘランと楽しさを保障する原作の出会いだけで、2020年下半期最高の期待作を予告している。

まず縦ポスターは、チョ・ビョンギュ、ユ・ジュンサン、キム・セジョン、ヨム・ヘランが勤務するオンニネククス店を背景に、4人の隠密な007作戦開始を表現している。まるで飛び上がる鷲のように、青い空を横切る4人の姿と「驚異的な噂」だけの壮大なスケールを垣間見ることができる。

特に「ククス店を閉めろ! 悪霊を捕まえに行こう」というフレーズは、「驚異的な噂」ならではのファンタジーな世界観を表している。普段は行列を作るククス店のスタッフだが、実は地球の悪霊を退治するカウンターとして活躍するという二重生活が、どのように描かれるか注目を集めている。

2番目の横ポスターの中でも、4人の圧倒的なビジュアルが視線を引く。画面から飛び出てきそうなダイナミックなアクションを見せている。特に驚異的な身体能力で、どんな任務も全うするプロフェッショナルな実力者たちであるだけに、鋭い目でカリスマ性溢れるカウンターの魅力を表現している。

「驚異的な噂」は、OCNドラマチックシネマ「サーチ」後番組として、11月に韓国で放送がスタートする。

記者 : パク・パンソク