「私がいちばんキレイだった時」ジス、イム・スヒャンが好きになった理由を率直に語る“初めて僕を…”

OSEN |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
「私がいちばんキレイだった時」で、ハ・ソクジンがイム・スヒャンの前で、ジスにストレートに聞いた。

14日に韓国で放送されたMBC水木ドラマ「私がいちばんキレイだった時」第15話では、オ・イェジ(イム・スヒャン)をめぐって対立するソ・ファン(ジス)とソ・ジン(ハ・ソクジン)兄弟の様子が描かれた。

この日ソ・ジンは、ソ・ファン&オ・イェジに一緒にワインを飲もうと提案した。そして彼は、3人が集まった場でソ・ファンに「君はイェジがどうして好きだった?」とストレートに聞いた。ソ・ファンは「知りたかったから。理解したかったから。初めてだったんだ。自分が何かしたときに返してくれる人が」と淡々と答えた。

ソ・ファンは「母は僕がソウルまで行ってキムチを渡しても、イライラするばかりの人だった。父は結局、兄さんのことばかり心配したし、兄さんは僕に興味もなかった。先生は僕にありがたいと、僕に花束を作ってくれた人だ。誰かに優しくしてもらったのが初めてで、良いことなのに嬉しいというより悲しくなった」と話した。

続いて「与えるばかりで、もらったことのない人がどれほど寂しいか分からないだろう?その花束も店で買って来たものではなかった。野原で黄色い野花を一輪一輪採って、両手でくれた。僕にそこまで感謝を伝えた人は初めて見た。そして僕が建築の勉強をすると言った時も、素敵なビルを見たら写真を撮って絵まで撮って、スクラップブックも作ってくれた。兄さんを探している時も、それがどれほど大変なことなのか、僕は何も言っていないのに、報告書だけ見て分かってくれた。僕のため泣いてくれた。僕が大変なこと、具合が悪いこと、僕の気分、僕の状態を誰よりも先に知ってくれた。分かり合えるというのが、これだけ充足感があるものなんだということを初めて知った」と話した。

ソ・ジンは「すまない。君の気持ちを無視して。幼いからって、勝手に君の初恋を奪ってしまって」と、心から謝った。しかし、オ・イェジは「選択は私がしたのだ。私が愛した男は、ソ・ジンだった」とし、もう一度ソ・ファンに一線を引いた。

記者 : ヨン・フィソン