チョ・ハンソン&カン・ソンヨン主演ドラマ「ミス・リーは知っている」12月19日よりKNTVにて日本初放送

KSTYLE |

(C)2020MBC
2019年MBC脚本公募当選作「ミス・リーは知っている」(原題)が12月よりKNTVにて日本初放送されることが決定した。

「ミス・リーは知っている」は再建築アパートで繰り広げられるミステリー事件ドラマで、チョ・ハンソン、カン・ソンヨンが主演を務め、「悪い刑事~THE FACT~」「黄金の庭園」などを共同演出したプロデューサーのイ・ドンヒョンが演出、脚本は新人脚本家のソ・ヨンヒが執筆する。

■放送情報
「ミス・リーは知っている」(原題)
2020年12月19日、26日(土)
午後8:00~10:30(2話連続)ほか日本初放送

全4話
出演:チョ・ハンソン、カン・ソンヨンほか
脚本:ソ・ヨンヒ(2019MBC脚本公募当選作)
演出:イ・ドンヒョン(「悪い刑事~THE FACT~」)
(C)2020MBC

<ストーリー>
建て替えを控えたマンションで一人の女性の遺体が発見される。現場の状況から自殺と見られていたが、刑事のホチョル(チョ・ハンソン)は他殺を疑い、マンションの住人たちの事情聴取を進める。マンションに住む不動産仲介人のミス・リーことグンボク(カン・ソンヨン)は住人を疑うホチョルを警戒し、対立する。住人たちとミス・リーは皆それぞれに秘密を抱えていて……。

■関連サイト
KNTV公式サイト:https://kntv.jp/

記者 : Kstyle編集部