ナム・ジュヒョク&ユ・スビン&キム・ドワン、新ドラマ「スタートアップ」スチールカット公開…一触即発の状況に期待高まる

Newsen |

写真=tvN
ナム・ジュヒョク、ユ・スビン、キム・ドワンが率いるサムサンテクに危機がやってくる。

tvN新土日ドラマ「スタートアップ」(脚本:パク・ヘリョン、演出:オ・チュンファン)は10月14日、ナム・ドサン(ナム・ジュヒョク)、イ・チョルサン(ユ・スビン)、キム・ヨンサン(キム・ドワン)らサムサンテクの3人組が、ナム・ドサンの両親ナム・ソンファン(キム・ウォネ)、パク・グムジョン(キム・ヒジョン)の前で、罪人のように頭を下げている様子を公開した。

公開された写真では、いつものように似通ったチェック柄のシャツを身にまとったナム・ドサン、キム・ヨンサンらが、ナム・ソンファンと目を合わせることができず怯んでいる様子で、好奇心を刺激する。何よりナム・ソンファンの冷ややかな表情は、見るだけでも彼の怒りがどれほどなのか想像することができる。見守っているナム・ドサンの母パク・グムジョンも、夫のすごい剣幕に驚いた様子だ。

特に父であり、サムサンテクの投資者でもあるナム・ソンファンに何かを説明しているナム・ドサンの真剣な態度も、好奇心を刺激する。小さなノートパソコンの中に不明なプログラムが実行されている中、サムサンテクの3人が出した結果に視線が集中する。

しかし、サムサンテク3人組は、両親の投資金をなくしているだけで、まだこれといった成果を出していない。ナム・ソンファンの怒りが何によるものか垣間見ることができる。果たしてナム・ドサンはどのようにこの状況に対応するか、すぐにでも事務所を覆す勢いの父親の怒りをおさめることができるか興味を誘発する。

このように怯んだまま奮闘しているナム・ドサンとサムサンテクのメンバーたちが、スタートアップを通じて繰り広げていくストーリーに好奇心がくすぐられている。また、天才的なコーディング能力を持っているが、まだ土の中の真珠のように埋もれているナム・ドサンが、サムサンテクを起こすことができるか、彼らの成長に関心が高まっている。韓国で17日の午後9時に放送がスタートする。

記者 : イ・ミンジ