ソンフン&イ・テゴンら、脚本家イム・ソンハンのカムバック作…新ドラマ「結婚作詞 離婚作曲」に出演へ

MYDAILY |

写真=各所属事務所
再び始まるPhoebe(イム・ソンハン)ワールドの主人公は俳優ソンフン、イ・テゴン、パク・ジュミ、イ・ガリョン、イ・ミニョン、チョン・スギョン、チョン・ノミンだ。

12月に韓国で初放送されるTV朝鮮新ドラマ「結婚作詞 離婚作曲」(脚本:Phoebe、演出:ユ・ジョンジュン、イ・スンフン)は成功した30代、40代、50代の魅力的な3人の女性主人公に訪れた想像もできなかった不幸に関する物語、本物の愛を探す夫婦たちの不協和音を描いたドラマだ。特に脚本家のイム・ソンハンが「白夜姫」以来、約5年ぶりにミニシリーズを通じてカムバックを予告して、2020年下半期の最高期待作として関心を集めている。

これと関連してソンフン、イ・テゴン、パク・ジュミ、イ・ガリョン、イ・ミニョン、チョン・スギョン、チョン・ノミンが「結婚作詞 離婚作曲」の主役7人として出演を確定、ファンタスティックな共演を予告して注目されている。

まず、ソンフンはデビュー作だった「芙蓉閣の女たち~新妓生伝」で一緒に作業したイム・ソンハンへの深い信頼で出演オファーを受け入れ、準備に拍車をかけている。彼は妻プ・ヘリョン(イ・ガリョン)のドラムを演奏する姿に惚れて、結婚して3年目のディンクス(DINKs)弁護士パン・サヒョン役を演じてギャップのある演技を披露する。

イ・テゴンは優しくて家庭的なロマンチスト、サ・ピヨン(パク・ジュミ)の夫であり、シン病院の神経精神科の院長であるシン・ユシン役を演じて一風変わった変身を予告した。特に「神様、お願い」でデビューして以来、「宝石ビビンバ」にも出演した彼がイム・ソンハンと再会して“トリプルヒット”を完成することができるのか期待を集めている。

上品なイメージの代表女優であるパク・ジュミは、シン・ユシン(イ・テゴン)の妻であり、ラジオ番組のメインプロデューサーであるサ・ピヨン役を演じる。彼女は完璧な家庭を夢見て仕事、家事、子育て、夫にもいつも最善を尽くすサ・ピヨン役を通じて“人生キャラクターの更新”に挑戦する。

キャスティングニュースだけでもポータルサイトの検察ワードを席巻したイ・ガリョンは、パン・サヒョン(ソンフン)の妻であり、子供がいない“ワーク・ライフ・バランス”を夢見るアナウンサー出身のラジオDJプ・ヘリョン役を演じる。初主演として抜擢されたイ・ガリョンが、どんな色で劇を引っ張っていくのか期待を高めている。

イ・ミニョンは能力のある中国語の翻訳家であり、一度結婚したことがある離婚女性ソン・ウォン役を演じて、「ドクタープリズナー」の薬剤師、「私の彼はエプロン男子」の広告企画者に続いてプロフェッショナルな姿を披露する。彼女が劇中でどんな活躍を繰り広げるのか関心を集めている。

チョン・スギョンはラジオ番組のメイン作家であり、パク・ヘリュン(チョン・ノミン)の妻イ・シウン役を演じる。結婚して30年間、仕事と家事によって自分を飾ることも諦めたまま、もっぱら夫と子供のために生きてきたイ・シウン役を通じて、現実的な共感を引き出す予定だ。

チョン・ノミンはソンジン大学の演劇映画学科長であり、イ・シウン(チョン・スギョン)の献身的な愛とサポートで教授になったパク・ヘリュン役を演じて、これまでとはギャップのある演技を披露する。

「人魚姫」「神様、お願い」など多数のヒット作を誕生させた脚本家のイム・ソンハンが披露する初ミニシリーズ「結婚作詞 離婚作曲」は深みある台本と、「輪廻-NEXT」「シンデレラマン」を演出したユ・ジョンジュン監督と斬新な映像美を披露したイ・スンフン監督のスピード感ある演出、ソンフン、イ・テゴン、パク・ジュミ、イ・ガリョン、イ・ミニョン、チョン・スギョン、チョン・ノミンの7人の熱演が調和をなして、視聴者の心を捉える予定だ。

制作陣は「ソンフン、イ・テゴン、パク・ジュミ、イ・ガリョン、イ・ミニョン、チョン・スギョン、チョン・ノミンといった実力派俳優らと新人が驚くべき相乗効果を出してくれるはず」とし、「5年ぶりに復帰するイム・ソンハン流の夫婦物語、彼女ならではの台詞と没入度の高いストーリーを見ていただきたい」と伝えた。

「結婚作詞 離婚作曲」は12月に韓国でスタートする予定だ。

記者 : イ・スンギル