ASTRO チャ・ウヌ&ムン・ガヨンら出演、新ドラマ「女神降臨」台本読み合わせ現場を公開…甘いトキメキと愉快な面白さに高まる期待

MYDAILY |

写真=tvN「女神降臨」
新ドラマ「女神降臨」の初台本読み合わせ現場が公開されて、期待を高めている。

ケーブルチャンネルtvN新水木ドラマ「女神降臨」は、外見にコンプレックスを持っているが化粧を通じて女神に変身するジュギョン(ムン・ガヨン)と、人知れぬ心の傷を抱えているスホ(ASTRO チャ・ウヌ)が出会い、お互いの秘密を共有し、成長していく“プライド回復ラブコメディー”だ。歴代最高の人気を博している同名の人気ウェブ漫画を原作にムン・ガヨン、ASTROのチャ・ウヌ、ファン・インヨプが主演を務め、「偶然見つけたハル」を通じて感覚的な演出力を証明したキム・サンヒョプ監督が演出を務めて熱血ファンの関心を集めている。

「女神降臨」の初台本読み合わせ現場には、キム・サンヒョプ監督とイ・シウン脚本家を始め、ムン・ガヨン(イム・ジュギョン役)、チャ・ウヌ(イ・スホ役)、ファン・インヨプ(ハン・ソジュン役)、パク・ユナ(カン・スジン役)、パク・ホサン(イム・ジェピル役)、チャン・ヘジン(ホン・ヒョンスク役)、イム・セミ(イム・ヒギョン役)、キム・ミンギ(イム・ジュヨン役)、パク・ヒョンジョン(イ・ミンヒャン役)、オ・ウィシク(ハン・ジュンウ役)、キム・ビョンチュン(セボム高校の教頭役)など、主要出演陣たちが総出動して息を合わせた。彼らは初台本読み合わせにも関わらず、すでにキャラクターに完璧に溶け込んだ熱演とケミ(ケミストリー、相手との相性)で、爆発的なシナジー(相乗効果)を発揮した。

イム・ジュギョン役を演じるムン・ガヨンは「一緒にできて光栄だ。最後まで心がときめく作品になるように頑張る」と伝えた。特にムン・ガヨンは外見コンプレックスを持っているが、肯定的なマインドを失わない明るい姿から文句を言う可愛い姿まで、はつらつとしたリアルな演技で完璧に表現し、スタッフたちを感心させた。

これと共にイ・スホ役を演じるチャ・ウヌは「最後まで健康で幸せに撮影したい」と笑顔を見せて、現場に気持ちいいエネルギーを伝えた。その後、チャ・ウヌは初台本読み合わせであるにも関わらず、イ・スホのキャラクターに完全に没頭して、冷たい眼差しと不愛想な口ぶりで“冷たい美男”の魅力をアピールする一方、ムン・ガヨンと息を合わせる時には、ギャップのある“モンムンミ(犬のように可愛いらしい感じ)”をアピールして女心を刺激した。

また、ファン・インヨプはタフなキャラクターであるハン・ソジュンを演じて、耳を捉える中低音ボイスで注目を浴びた。何よりもファン・インヨプは、魅力的な堂々とした口ぶりでマッチョのような魅力をアピールする一方、母親には温かい息子の姿を見せ、みる人々を微笑ませた。さらにムン・ガヨンとはトキメキを、チャ・ウヌとは緊張感を形成するなど、誰とでも完璧なケミを見せつけ、人々を感心させた。

それだけではなくパク・ホサン、チャン・ヘジン、イム・セミ、キム・ミンギが初台本読み合わせにも関わらず、ファンタスティックなティキタカ(相性が良く、ポンポンとやり取りする様子)で現場の雰囲気を盛り上げると、キム・サンヒョプ監督は「ジュギョン家族に、期待できる」と話した。

何よりも台本読み合わせを終えたキム・サンヒョプ監督は「みんなで台本読み合わせをしてみたら、具体的にイメージが描かれるようだ。僕が思っていたよりも、愉快に演技してくれた方々が多くて楽しみだ。楽しくて活気溢れる現場になってほしい。楽しくて愉快な作品を作るために一生懸命頑張る」と抱負を伝えて拍手を受けた。

「女神降臨」の制作陣は「いつ終わったのか分からないほど、楽しい台本読み合わせだった。ムン・ガヨン、チャ・ウヌ、ファン・インヨプを始め、全出演陣の熱演が印象的だった台本読み合わせを通じて、お互いの息の合った場面や相乗効果を確認することができた。俳優とスタッフがタッグを組んで今冬、甘いトキメキと愉快な面白さを届けるドラマとして挨拶する。『女神降臨』に多くの期待をお願いする」と伝えた。

tvN新水木ドラマ「女神降臨」は、韓国で12月に初放送される予定だ。

記者 : キム・ナラ