「場合の数」シン・イェウン、キスの理由を問うWanna One出身オン・ソンウに“ごめん”

TVREPORT |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=「場合の数」放送画面キャプチャー
シン・イェウンがキスの理由を問うWanna One出身のオン・ソンウに謝罪した。

9日に韓国で放送されたJTBC金土ドラマ「場合の数」ではキョン・ウヨン(シン・イェウン)とイ・ス(オン・ソンウ)がキスし、再会する場面が描かれた。

キョン・ウヨンはイ・スを避けて逃げようとした。イ・スは「キョン・ウヨン、君は僕が挨拶したのになぜ素通りするの?」と質問した。どうしてせっかく挨拶した人の気分を悪くするのかと責めた。キョン・ウヨンは「もう二度と会いたくない」ときっぱり言った。

イ・スは「どうしてあの日、僕にキスしたの?」と質問した。キョン・ウヨンは「そうね。その日は私が悪かった。人はキスをして謝ろうかな? 告白しようかな? と聞くみたいだけど、私は質問などしないで謝るよ。本当にごめん。申し訳なかった、私が!」と叫んだ。

イ・スは「これは犯罪だ。セクハラ」と言った。そして「これからも僕と会って、申し訳ない気持ちになって」と話し、キョン・ウヨンとまた会いたいという気持ちを表した。しかし、キスされても告白はしないイ・スの反応に、キョン・ウヨンは落ち込んだ。

記者 : ハ・スナ