S.E.S.のShoo、訴訟中に日本でソロデビュー…韓国では非難の声も

MYDAILY |

写真=マイデイリー DB
S.E.S.のShoo(シュー)が、貸付金の返還請求訴訟中に、日本でソロデビューをして物議をかもしている。

Shooの日本のマネジメントを行っているダイヤモンドミュージックは今月2日、公式ホームページを通じて、Shooが7日、ソロデビューシングル「I found love」をリリースしたと伝えた。

彼女は当初、昨年11月に同曲を発売し、日本でデビューステージも披露する予定だったが、体調不良を理由にデビューを延期した。

また、それ以前にShooは、常習賭博罪などで起訴されており、韓国の活動を中止している状態だ。そんな中、日本でアルバムを発売してデビューするという事実が知られると非難の声があがった。

Shooは2016年8月から2018年5月まで、マカオなどで約7億9000万ウォン(約7261万円)規模の賭博をした疑いを受けた。裁判所は、常習賭博の疑いで起訴されたShooに、懲役6ヶ月、執行猶予2年を宣告した。これと共に80時間の社会奉仕も命じた。

さらに彼女は2017年、米ラスベガス所在のカジノでパク氏から3億5000万ウォンほどを借りたが、返済しなかった。債権者のパク氏は今年5月、Shooを相手取ってソウル中央地裁に約3億4000万ウォン(約3125万円)規模の貸付金の返還請求訴訟を提起した。一審で裁判所はShooに「原告に3億4600万ウォン(約3000万円)を返済するように」と原告の一部勝訴判決を下し、今後控訴審を控えている。

・S.E.S.のShoo、貸付金の返還請求訴訟で敗訴…原告に約3000万円返済の判決

・S.E.S.のShoo、日本ソロデビュー&ライブ延期を発表…返金対応へ「体調不良のため」

記者 : ミョン・ヒスク