「ブラームスが好きですか」イ・ジウォン、パク・ウンビン&キム・ミンジェに対する悪質な噂を広める

Newsen |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=「ブラームスが好きですか」キャプチャー
イ・ジウォンがパク・ウンビンとキム・ミンジェに対する悪質な噂を流した。

10月6日に韓国で放送されたSBS月火ドラマ「ブラームスが好きですか」第12話でキム・ヘナ(イ・ジウォン)は、パク・ジュニョン(キム・ミンジェ)がチェ・ソンア(パク・ウンビン)の伴奏をするという噂を広めた。

イ・スギョン(ペク・ジウォン)教授はキム・ヘナの演奏を聞いて、「ヘナ。君はどうしてこんなに情熱がないの? 必死にできないの? ソンアを見て。伴走者としてパク・ジュニョンを連れてくるらしいじゃない。おとなしく見えても根性がある。そういう所は見習ったほうがいい。私は出かけるからドア閉めて帰ってね。来週のレッスンで会おう」と小言を言った。

これに気を悪くしたキム・ヘナは、すぐに携帯電話を取り出してメッセージを送った。その後、音大内には「パク・ジュニョンがチェ・ソンアの伴奏をする」という噂が広まった。一部の音大生たちはチェ・ソンアに「大学院の試験にジュニョンさんが伴奏してくれるんですか?」と直接的に聞き、グループチャットルームで噂されていることを伝え、「チャットルームには入らないほうがいい」とアドバイスした。

しかし、チェ・ソンアはグループチャットルームに入り、人々が学部最下位である自身とパク・ジュニョンについて悪口を言っているのを見てがっかりした。噂は外部にまで広まる程だった。パク・ジュニョンが伴奏することになった友人イ・ジョンギョン(パク・ジヒョン)に対する劣等感と嫉妬もますます大きくなり、チェ・ソンアとパク・ジュニョンの愛は危機を迎えた。

記者 : ユ・ギョンサン