リュ・スンリョン&ヨム・ジョンア主演、映画「人生は美しい」12月に韓国で公開決定…ポスター&予告編を公開

OSEN |

写真=映画ポスター
俳優リュ・スンリョンとヨム・ジョンア主演のミュージカル映画「人生は美しい」(監督:チェ:グクヒ)が、今年12月に韓国での公開を決定した。

映画「王になった男」「7番房の奇跡」「バトル・オーシャン/海上決戦」「エキストリーム・ジョブ」まで、4本の観客動員数1000万人の映画を誕生させた韓国を代表する俳優リュ・スンリョンと、ドラマ「SKYキャッスル」や映画「完璧な他人」「スタートアップ!」など相次いでヒット作に出演し、最近では「三食ごはん-山村編」でバラエティでも活躍するなどして、第2の全盛期を迎えている人気女優ヨム・ジョンアの出会いで期待を集めている映画「人生は美しい」が、12月の公開を確定してポスターと予告編を公開した。

「人生は美しい」は、自身の誕生日プレゼントとして初恋を探してほしいという荒唐無稽な要求をした妻のセヨン(ヨム・ジョンア)と、しぶしぶ彼女と一緒に全国を回りながら過去に旅立つようになった夫ジンボン(リュ・スンリョン)の話を描いた映画だ。

今回公開された予告ポスターは、黄色く染まった銀杏の並木を背景に、妻の初恋を探して旅に出ることになったジンボンが、きょとんとした表情でハンドルを取っている中、夫と共に自身の初恋を探しに出たセヨンが、サンルーフの外に身を乗り出して胸躍る瞬間を満喫するという相反する姿が盛り込まれており、目を引く。そこに「人生で最も輝く瞬間を歌う」というフレーズは、彼らのきらびやかで眩しい思い出旅行に対する好奇心を刺激する。

同時に公開された「人生は美しい」の予告編は、「早朝割引」を歌うヨム・ジョンアの清らかな声で始まる。丁寧にコーティングされたイチョウの葉とともに、詩集の中に大切にしまっていた古い写真を取り出して思い出に浸る様子に続き、夫に写真を突き付けて「愛する人に会う。あなたが見つけ出して、私の初恋を!」と求めるセヨンと、困惑するジンボンの姿が笑いを誘う。

ミュージカル映画「人生は美しい」ではリュ・スンリョンとヨム・ジョンアの2人が歌う、韓国の国民なら誰もが知っている大衆歌謡「分からない人生」とともに、ジンボンとセヨンの旅程にしたがって、過去と現在が交差して繰り広げられる目と耳が楽しいパフォーマンスが繰り広げられるとして、期待が高まっている。幼い頃のセヨンと初恋のジョンウ役は、女優のパク・セワンとWanna One出身オン・ソンウが務めて、トキメキいっぱいの瞬間を初々しく描く予定だ。

「人生は美しい」は、「国家が破産する日」「スプリット」を通じて演出力を認められてヒット作を生み出したチェ・グクヒ監督がメガホンを取って、「完璧な他人」「エクストリーム・ジョブ」のペ・セヨン脚本家が脚本を務め、「タクシー運転手 約束は海を越えて」「マルモイ ことばあつめ」を制作したザ・ランプ(株)が制作を務めて、信頼を与える。

記者 : ソン・ミギョン