神話 エリック、家族への誹謗中傷に怒りの警告「歪んだ方々は出て行って…線を越えたら法的措置」

Newsen |

写真=Newsen DB
神話(SHINHWA)のエリックが悪質な書き込みをするネットユーザーに警告した。

3日、エリックは個人YouTubeチャンネル「aguTV eric」を通じて「秋夕(チュソク、韓国のお盆)は楽しく過ごしていますか? 私もゆっくり休んで、よく食べて、今日撮影に行く前に体重を測ったら少し落ちていますね。購読者の皆さん、残りの連休も美味しい物だけを食べて、良いことだけを見て聞いて、幸せなことがいっぱいな連休になりますように」と秋夕の挨拶をした。

また、誹謗中傷が続く場合、強硬に法的措置を取るという予告も付け加えた。彼は「ここ数日間、家族の動画に悪質なコメントを書き込んで削除された方々がいらっしゃいますが、どうしてあんな生き方をするのか分かりません。気に入らないなら来なくていいし、見なくていいと思いますが、どうしてわざわざ他人の家族の映像に汚い真似をするのか。購読や“いいね”をお願いしたこともないし、歪んだ方々と共にする考えはないので、どうか自分の道に進んでください」と怒りをあらわにした。

続いて「『aguTV』は、公営放送でもないし、公式ホームページでもないです。視聴を強要しないので、いつでも購読を取り消して出て行ってください。なぜ家族をモザイクにするんですか? モザイクされる人は別にいると思います。じゃあ、もう消えてください」と、悪質なネットユーザーに対して警告した。

エリックは最近、誹謗中傷のコメントがあることを知っていながらも告訴していない理由について「ここ数年間、虚偽事実の流布や悪口、誹謗中傷をする人々を訴えなかった理由はたった一つです。かつて神話のファンであったか、神話メンバー誰かのファンであるから。しかしその方向が家族に向けられたら話は違います。事務所を経営したこともあるし、これよりずっと大きな法的措置も多く経験したし、今もしているので、事務所の手を借りなくても自らすぐに実行できます。私は行動派ですので、警告や訓誡はしません。線を越えたと思った時はすぐ措置に入ります。なので優しく言っている間に出て行ってください」とコメントした。

記者 : ファン・ヘジン