少女時代 スヨン、濃厚接触者に該当せず…新ドラマ「ラン・オン」スタッフが新型コロナ感染で主演俳優らが検査

Newsen |

写真=Newsen DB
JTBCの新ドラマ「ラン・オン」の撮影現場に新型コロナウイルス感染者が発生した中、少女時代のスヨンと関連スタッフは濃厚接触者ではないことが確認された。

スヨンの所属事務所のSARAMエンターテインメントは28日、Newsenの取材に対し「スヨンおよび彼女のマネージャー、その他の関連スタッフは濃厚接触者ではないため、検査対象ではない。しかし、万が一の状況に備えて自宅隔離中で、事態の推移を見守っている」とコメントした。

これに先立ってJTBCは27日、Newsenの取材に対し「『ラン・オン』のスタッフの1人が新型コロナウイルスの陽性判定を受けた。現在、撮影は全面的に中断された状態だ」と明かした。続いて「現場にいた俳優およびスタッフ全員が検査中で、俳優のうちイム・シワンとシン・セギョン、イ・ボンリョンが検査対象に含まれている」と説明した。

「ラン・オン」は短距離陸上の国家代表選手がスポーツエージェントになる過程を描くドラマで、同じ言語を使っていてもコミュニケーションが難しい時代に、お互い異なる世界に住んでいた人々がそれぞれの言葉でコミュニケーションして、関係を結び、愛に向かって進んでいく恋愛ドラマだ。

記者 : キム・ミョンミ