キム・ミンソク、新ドラマ「都市男女の愛し方」に出演決定…チ・チャンウク&キム・ジウォンと共演

Newsen |

写真=Story & Pictures
俳優のキム・ミンソクがカカオTVのオリジナルドラマ「都市男女の愛し方」に出演する。

キム・ミンソクが今年下半期に韓国で放送されるドラマ「都市男女の愛し方」(演出:パク・シヌ、脚本:チョン・ヒョンジョン、チョン・ダヨン)で、建築家のチェ・ギョンジュン役を演じる。

本作は、複雑な都市の中で、自分の中に別の自分を抱いて激しく生きている若者たちのリアルな恋愛物語を描く。

劇中でキム・ミンソクは、極めて現実的で理性的な建築家のチェ・ギョンジュン役を務める。ギョンジュンは熱くもなく、冷たくもない適切な温度を維持してこそ気楽だと思うキャラクターで、なかなか怒らない性格だが、長い間付き合っている彼女のソリンに対して失礼な振る舞いをする人は許さない人物。

世間で起こることには興味が薄いが、長年付き合った恋人に関することには積極的な態度を見せるギョンジュンをどのように演じるか、期待が高まっている。

キム・ミンソクは「除隊後、このようにまた良い作品に出演できて感謝している。ご覧になる視聴者の皆さんが共感できるよう、最善を尽くしてチェ・ギョンジュン役を演じるので楽しみにしていてほしい」と作品に臨む意気込みを語った。

彼は、ドラマ「太陽の末裔 Love Under The Sun」「ドクターズ~恋する気持ち」「被告人」「青春時代2」「この恋は初めてだから~Because This is My First Life」、映画「道化師たち:風聞操作団」などを通じて、個性的で魅力溢れる演技を披露、また入隊中には陸軍創作ミュージカル「帰還:あの日の約束」の舞台に上がり、休む暇なく活動してきた。

「都市男女の愛し方」は、ドラマ「サイコだけど大丈夫」のパク・シヌ監督と、ドラマ「ロマンスは別冊付録」を執筆した脚本家のチョン・ヒョンジョンがタッグを組んだ作品で、今年下半期にカカオTVを通じて放送される。

記者 : キム・ミョンミ