イ・ジア&S.E.S. ユジンら出演、新ドラマ「ペントハウス」台本読み合わせ現場を公開…実力派揃いの組み合わせで高まる期待

OSEN |

写真=SBS
SBSの新月火ドラマ「ペントハウス」が実力派の監督、脚本家、俳優の組み合わせでブームを予告している。

「ペントハウス」(脚本:キム・スンオク、演出:チュ・ドンミン)はイ・ジア、キム・ソヨン、S.E.S.のユジン、オム・ギジュン、シン・ウンギョン、ポン・テギュ、ユン・ジョンフン、パク・ウンソク、ユン・ジュヒなどの出演者が参加した初の台本読み合わせの現場を公開した。

このドラマは100階建てのペントハウスに住む、近づくことができない“クイーン”、すべてを飲み込むほどの欲望に溢れた“プリマドンナ”、上流社会に入るために疾走する“女性”が、それぞれ満たされない欲望で住宅価格も、教育熱も1番高い地域で繰り広げる不動産と教育をめぐる戦争を描くドラマだ。子供を守るため悪女になるしかなかった女性たちの連帯感と復讐劇を大胆に描き、視聴者に新鮮な刺激を与えるとみられる。

「ペントハウス」の実力派脚本家、監督、俳優が一堂に会し、意欲を示した初の台本読み合わせが行われた。まず、チュ・ドンミン監督が台本読み合わせに参加した俳優らと制作陣に感謝の挨拶を伝えた後、キム・スンオク脚本家も挨拶し、拍手が起きた。続いて出演する俳優の挨拶と紹介が終わった後、本格的に行われた初の台本読み合わせで「ペントハウス」に出演する俳優たちは初対面でも息ぴったりな最高のチームワークを披露した。

まず、イ・ジアは生まれて1度も貧しかったことのない、上品な上流階級のシム・スリョン役を優れた集中力と優しいカリスマ性が際立つトーンで表現し、役に入り込んだ。生まれつき金持ちで華やかで高慢な、完璧なプリマドンナのチョン・ソジン役を演じるキム・ソヨンは、言葉のトーンなどを正確に再現する最高の没入感で視線を釘付けにした。S.E.S.のユジンは生まれて1度も金持ちになったことがなく、たくましく生きてきたオ・ユンヒ役に扮し、眼差しとジェスチャーで台詞の中の細かい部分までしっかり表現し、熱意を見せた。

また、シム・スリョンの夫、チュ・ダンテ役に扮するオム・ギジュンは、事業と不動産に天賦の才能を持って投資する事業ごとにお金をかき集める不動産の鬼才になり、持ち前の冷徹なカリスマ性と繊細な感情で完璧な演技を披露した。これまで出演した作品で強烈な演技でお茶の間を圧倒したシン・ウンギョンは、秘密の二重生活を送っている成金カン・マリ役を優れた演技力でこなした。ポン・テギュは財閥家の1人息子であり、法律事務所の弁護士でもある個性あふれるイ・ギュジン役をしっかりとした演技力でリアルに描き出した。

また、ユン・ジョンフンは「男は金と権力を握っていなければならない」という野望を持ったチョン・ソジンの夫ハ・ユンチョル役を演じ、キャラクターの特徴を生かすリアルな熱演で注目を浴びた。しらじらしい性格を持ったチョンア芸術高校の体育教師ク・ホドン役に扮するパク・ウンソクは、愉快な魅力を余すところなく披露し、元アナウンサーでイ・ギュジンの妻コ・サンア役に扮したユン・ジュヒは、安定した演技力で強い印象を残した。その他にもキム・ヒョンス、チン・ジヒ、キム・ヨンデ、スミ・ジョーン、ハン・ジヒョン、チェ・イェビン、イ・テビンなど子役を演じる俳優たちは、躍動感あふれる演技で劇中人物の魅力を最大化し、期待を高めた。

制作陣は「『ペントハウス』初の台本読み合わせから実戦を連想させるほど俳優たちの情熱がいつにも増して熱かった。完成度の高い作品が出来ると信じている」とし「2020年、下半期にお茶の間を魅了する『ペントハウス』を見守ってほしい」と語った。

「ペントハウス」は「ブラームスが好きですか」の後番組で、韓国で10月26日に放送がスタートする。

記者 : ヨン・フィソン