Wanna One出身オン・ソンウ主演、新ドラマ「場合の数」ポスター撮影のビハインドカットを公開

MYDAILY |

写真=Fantagio
Wanna One出身のオン・ソンウが、心ときめく青春ロマンスを予告した。

オン・ソンウの所属事務所であるFantagioは、25日に初放送を控えている総合編成チャンネルJTBC新金土ドラマ「場合の数」(脚本:チョ・スンヒ、演出:チェ・ソンボム)のポスター撮影現場でのオン・ソンウの姿を公開し、視線を引き付けた。

公開された写真の中で彼は、高校生と大人を行き来する完璧なキャラクターとのシンクロ率で注目を集める。制服姿のオン・ソンウは、自信に溢れる表情で笑顔を見せる一方、雨の中で空中を見つめ、寂しそうな雰囲気を演出して、“万人の最愛”と呼ばれるイ・スに対する好奇心を刺激する。それだけではなく、見る人々を微笑ませるユニークなピースサインと、カメラをじっと見つめる深い眼差しは、初放送前からときめきを届ける。

「場合の数」は、10年にわたりお互いに片思いしている2人の男女のリアルな青春ロマンスで、オン・ソンウは劇中、自由な魂の持ち主である写真作家であり、愛の前では利己的なイ・ス役を演じる。キョン・ウヨン(シン・イェウン)の昔からの片思い相手であるイ・スは、友人だと思っていたウヨンが気になり始め、予想もしていなかった変化を迎える。オン・ソンウはイ・スの変わっていく感情を繊細に描き、今秋をときめきで染める予定だ。

彼は昨年、放送終了となったJTBCドラマ「十八の瞬間」で、安定的な演技力で成長の痛みを経験する18歳の少年チェ・ジュヌを多彩に表現し、注目を集めた。彼が初挑戦する、ラブコメディ「場合の数」を通じて見せる新しい変身と、より成熟した魅力に期待が集められる。

「場合の数」は韓国で25日の午後11時に初放送される。

記者 : チョン・ジヒョン