コ・ギョンピョ&キム・ヨンミン出演、新ドラマ「私生活」スチールカットを公開…物々しい雰囲気

MYDAILY |

写真=トレミエンターテインメント
「私生活」のコ・ギョンピョとキム・ヨンミンが、似ているようでどこか違う妙なブロマンス(男同士の友情)を予告した。

JTBC新水木ドラマ「私生活」には、ミステリアスな大手企業のチーム長イ・ジョンファン(コ・ギョンピョ)、生活型詐欺師チャ・ジュウン(少女時代のソヒョン)、上位1%の頭脳の持ち主で詐欺師のチョン・ボッギ(キム・ヒョンジン)、野心家の詐欺師キム・ジェウク(キム・ヨンミン)など個性強いキャラクターが登場する。

彼らが予想外の関係で絡み合うことから繰り広げられるケミ(ケミストリー、相手との相性)も見どころだ。新都市の新婚夫婦と呼ばれるジョンファン、ジュウンカップルは放送前からすでに有名になった。そしてまた話題の中心になっている2人の男性、イ・ジョンファン、キム・ジェウクのケミも注目すべきであるポイントだ。

視聴者たちがジョンファン、ジェウクのケミに注目するようになったきっかけは、予告ポスターだった。「私生活」の初公式ポスターで、洗練したスーツを着て一緒に撮影したジョンファンとジェウクは、誰も予想できなかった組み合わせだった。彼らがこれからどんな関係で絡み合うようになるのか、好奇心を刺激した理由でもある。ポーズや眼差しなど、違うようだがどこか似ているような二人の関係は、予告映像が公開されるたびに徐々に明らかになっていった。

スパイであることを隠して大手企業のチーム長として働いているジョンファンは、プロ詐欺師ジェウクとよく会った。ジェウクの車に一緒に乗ったり、「真実を必ず明かす」と宣戦布告をしたりもした。それだけではなく、深夜に草の生い茂った広場で2人きりで会っている姿も公開された。

本日(24日)公開されたスチールカットでは、彼らの物々しい雰囲気が漂う出会いの瞬間を確認することができる。真剣なジョンファンとは異なり、比較的に余裕が感じられるジェウク、2人の男が人のいない森の中で会い、どんな会話を交わしたのか。彼らをめぐる“秘密”に関心が集まる。

それぞれ大手企業と詐欺の世界に所属しているため、接点がないように見えた2人だったが、先立って公開された人物関係図では重要な関係を示していた。ジェウクは現在、ジョンファンが働いているGKテクノロジー出身だという関係性が明かされたのだ。これは、2人の関係の始まりを予測することができる部分だった。また様々な場面で垣間見えるミステリアスな部分は、2人の似ている部分でもある。ジョンファンはジュウン、ボッギ、ジェウクなど相手が変わるたびに「本当に同一人物なのか?」と疑問を持つほど、それぞれ違う表情と行動をとる。そしてジェウクは、変装の必須アイテムであるサングラスで顔を隠している。

このように違うように見えてどこか似ている2人は、ドラマへの期待をより高めている。コ・ギョンピョは「ジェウクは、ジョンファンを緊張させる人物だ」と紹介し、キム・ヨンミンは「これまで見たことがない妙なブロマンスだ」と紹介した。これに対し制作陣は、「ジョンファン、ジェウクという2人のブロマンスは『私生活』で楽しむことができる様々なケミの中の一つだ。手に汗を握る緊張感を届けるだろう」と伝え、期待を高めた。

「私生活」は、プライベートを共有し、盗み、操作する時代に、詐欺師がすべての技術を総動員して国家の巨大な“私生活”を明らかにする痛快なストーリーである。「テバク~運命の瞬間(とき)~」「愛の温度」を通じて、繊細ながらも力強い演出で認められたナム・ゴン監督と、「ハートレスシティ ~無情都市~」「美しい私の花嫁」の細かい物語を通じて熱狂的なマニアファン層を保有している脚本家のユ・ソンヨルがタッグを組んだ作品である。韓国で10月7日の午後9時30分からJTBCで初放送される。

記者 : キム・ミリ