「ブラームスが好きですか」キム・ミンジェ、パク・ウンビンに関する噂を否定

Newsen |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=SBS「ブラームスが好きですか」放送画面キャプチャー
キム・ミンジェがパク・ウンビンに関する噂に憤り、誤解を招いた。

韓国で9月21日に放送されたSBSの月火ドラマ「ブラームスが好きですか」第7話で、パク・ジュニョン(キム・ミンジェ)はチェ・ソンア(パク・ウンビン)に関する噂を聞いた。

パク・ジュニョンはコンクールに出場するため、ユ・テジン(チュ・ソクテ)からレッスンを受け始めた。ユ・テジンは「あなた、最近バイオリンをする子に会ってる? その女の子があなたと会うために猛アタックしたと言われているけど、本当?」とチェ・ソンアに言及した。

パク・ジュニョンが「そんな人じゃないです」と言い切ると、ユ・テジンは「むきになるな。誰か付き合っている人がいることはいるのか? この世界は思ったより狭い。付き合っても別れても話題になる。誰かと付き合っているなら、その人のことを考えてでも、噂にならないようにした方がいい」とアドバイスした。

続いてパク・ジュニョンは、チェ・ソンアの指導教授イ・スギョン(ペク・ジウォン)が「あなたたち、私の前だから遠慮しているの? あなたたち付き合っているんだって? 教授会議でも噂になっていたよ。ソンア、教授たちはあなたが誰だか分からなかったけど」と話すと「いいえ、本当に違います」と否定した。

パク・ジュニョンはチェ・ソンアに関する噂を積極的に否定したが、チェ・ソンアはその言葉を誤解して「寂しいです」と言い、新たな葛藤が生まれた。

記者 : ユ・ギョンサン