二宮和也が主演「浅田家!」が世界へ!ワルシャワ&釜山国際映画祭に出品決定

KSTYLE |

(C)2020「浅田家!」製作委員会
父、母、兄、自分の4人家族を被写体に、“家族がなりたかったもの”“家族でやってみたいこと”をテーマに様々なシチュエーションでコスプレして撮影、ユニークな家族写真を世に送り出した写真家・浅田政志。そんな彼が撮影した2冊の写真集を原案に、「湯を沸かすほどの熱い愛」(16)で、「第41回報知映画賞」作品賞、「第40回日本アカデミー賞」優秀作品賞、優秀監督賞、優秀脚本賞ほか、その年の映画賞を総なめにした中野量太監督が、実話に基づき、独自の目線でオリジナルストーリーとして映画化!

無茶で自由奔放ながらどこか許せてしまう人間味溢れる主人公・政志を演じるのは、「母と暮せば」(15)で「第39回日本アカデミー賞」最優秀主演男優賞を受賞し、「検察側の罪人」(18)で「第43回報知映画賞」助演男優賞、「第42回日本アカデミー賞」優秀助演男優賞を受賞するなど、圧倒的な存在感と演技力を放つ二宮和也。政志の家族には、「怒り」(17)で「第40回日本アカデミー賞」最優秀助演男優賞を受賞し、これまでも数多くの映画賞に輝いた実績をもつ妻夫木聡が兄・幸宏を演じるほか、風吹ジュンと、平田満が、その兄弟を温かく見守る両親役を演じる。

また、政志を取り巻く人々として、「舟を編む」(13)で新人俳優賞(第37回)を受賞して以来毎年のように日本アカデミー賞に名を連ね、「小さいおうち」(14)、「母と暮せば」(15)では、2年連続で最優秀助演女優賞(第38回&第39回)受賞という快挙を達成した黒木華と、「あゝ、荒野」(17)の最優秀主演男優賞(第41回)の受賞も記憶に新しい菅田将暉も参加し、まさに日本映画界を代表する豪華俳優陣が集結した。

そして10月2日(金)の日本での公開が待たれる中、「浅田家!」が14日(水)にインターナショナルプレミアとして、「第36回ワルシャワ国際映画祭」国際コンペティション部門に出品されることが決定した。「ワルシャワ国際映画祭」は1985年から、ポーランドの首都・ワルシャワで開催されている、世界15大映画祭の1つに数えられる映画祭で、今年は10月9日(金)~18日(日)の10日間開催される。

国際コンペティション部門は、「ワルシャワ国際映画祭」の最高賞(ワルシャワ・グランプリ)を選ぶ部門で、今年も世界各国から15作品が選出されており、「浅田家!」はこれまで邦画が受賞したことのない最高賞のワルシャワ・グランプリを狙う。これまでも、2004年に「別離」でベルリンのグランプリ、アカデミー賞外国語映画賞を受賞したアスガー・ファルハディ監督の「美しい都市(まち)」(日本劇場未公開)や、2010年「ブレードランナー2049」で知られるドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の「灼熱の魂」、2013年「COLD WAR あの歌、2つの心」のパヴェウ・パヴリコフスキのアカデミー賞外国語映画賞受賞作「イーダ」などが受賞しており、ワルシャワの国際コンペティション部門のグランプリは、後の巨匠監督の初期の作品が多く受賞しているという特徴がある。

さらに、同じく10月に開催される「第25回釜山(プサン)国際映画祭」のオープンシネマ部門に正式招待されることも決定! 「釜山国際映画祭」は1996年に創設された、韓国・釜山で開催されるアジア最大規模の映画祭。オープンシネマ部門は、人気、芸術性に富んだ新作や国際的に評価された作品が、6作品選出され、メイン会場である「映画の殿堂」の野外スクリーンにて釜山最大の座席(6000席規模)で上映される釜山国際映画祭を代表する部門だ。今年は10月21日(水)~30日(金)の開催期間で「浅田家!」は、オープンシネマ部門で唯一の邦画として上映される。

海外映画祭への出品について、本作を企画した小川真司プロデューサーは「『ワルシャワ国際映画祭』に関しては、コロナ禍で世界が混乱している中なので、観ている人がポジティブになれるような映画を上映したいという理由で選出されたそうだ。さらに、アジアとヨーロッパという2つの市場で勝負したいと考えていた際に、『釜山国際映画祭』からもオープンシネマ部門という非常に大きなキャパシティを誇る代表的な部門でのご招待をいただいた」と話した。

また、二宮の出演作が、海外の映画祭に選出されるのは「硫黄島からの手紙(06年)」での、「第57回ベルリン国際映画祭」、「第79回アカデミー賞」のノミネート、「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~(17年)」での「第2回マカオ国際映画祭」での公式上映、「検察側の罪人(18年)」の「第38回ハワイ国際映画祭」への出品以来となる。


◆二宮和也 コメント

映画「浅田家!」が、ワルシャワと釜山、2つの国際映画祭への出品が決定したこと、とても嬉しく思います。
本来ならば僕も参加してそれぞれの国の皆さんと一緒に観たかったのですが、コロナの影響で今回それが叶わず残念です。“家族の絆”、“写真のチカラ”と、とても普遍的なテーマのある作品なので、きっと楽しんで頂けると思います!
こんな今だからこそ、この作品の持つ温かさと優しさが、海を越えて世界中に広がっていくことを祈っています。

■作品情報
「浅田家!」
2020年10月2日(金)全国東宝系公開
出演:二宮和也、黒木華、菅田将暉、風吹ジュン、平田満、渡辺真起子、北村有起哉、野波麻帆、妻夫木聡
原案:浅田政志「浅田家」「アルバムのチカラ」(赤々舎刊)
監督・脚本:中野量太
脚本:菅野友恵
製作:東宝映画、ブリッジヘッド、パイプライン
配給:東宝
(C)2020「浅田家!」製作委員会

<あらすじ>
幼いころ、写真好きの父からカメラを譲ってもらった政志(二宮和也)は、昔から写真を撮るのが大好きだった。そんな彼が、家族全員を巻き込んで、消防士、レーサー、ヒーロー、大食い選手権……。それぞれが “なりたかった職業”“やってみたかったこと”をテーマにコスプレし、その姿を撮影したユニークすぎる家族写真が、なんと、写真界の芥川賞・木村伊兵衛写真賞を受賞! 受賞をきっかけに日本中の家族から撮影依頼を受け、写真家としてようやく軌道に乗り始めたとき、東日本大震災が起こる――。
かつて撮影した家族の安否を確かめるために向かった被災地で、政志が目にしたのは、家族や家を失った人々の姿だった。「家族ってなんだろう?」「写真家の自分にできることは何だろう?」シャッターを切ることができず、自問自答をくり返す政志だったが、ある時、津波で泥だらけになった写真を一枚一枚洗って、家族の元に返すボランティア活動に励む人々と出会う。彼らと共に写真洗浄を続け、そこで写真を見つけ嬉しそうに帰っていく人々の笑顔に触れることで、次第に≪写真の持つチカラ≫を信じられるようになる。そんな時、一人の少女が現れる。「私も家族写真を撮って欲しい!」それは、津波で父親を失った少女の願いだった――。

■関連サイト
「浅田家!」公式サイト:https://asadake.jp/

記者 : Kstyle編集部