日本からは14歳ニキが決定…「I-LAND」から誕生したENHYPEN、早くもSNSを席巻!世界トレンド1位&日本トレンド計10個ランクイン

KSTYLE |

(C)AbemaTV,Inc.
次世代K-POPアーティスト誕生の過程を描く観察型リアリティ番組「I-LAND」の最終回が、18日夜8時から日韓同時生放送された。

本番組は、CJ ENMのコンテンツ制作能力と、BTS(防弾少年団)やTOMORROW X TOGETHERを生み出したアーティストプロデュース力を持つBig Hit Entertainmentが、次世代K-POPアーティストの発掘と育成のために2019年3月に設立した合弁会社BELIFT LAB(ビリーフラボ)の最初のプロジェクト。

世界各国から集まった10代から20代の志願者23人が外部から遮断されたハイテクシステム搭載の巨大な建物「I-LAND」を舞台に、生き残りをかけた真剣勝負を繰り広げる様子は、韓国や日本だけでなく世界中から注目を集め、放送後にはTwitterの世界トレンドにランクインするなど、毎話大きな反響を呼んだ。

(C)AbemaTV,Inc.
18日夜8時から日韓同時生放送で行われた最終回では、これまでに勝ち残ったキム・ソヌ、イ・ヒスン、パク・ソンフン、ジェイク、ヤン・ジョンウォン、ダニエル、ジェイ、ケイ(日本出身)、ニキ(日本出身)の9人から、グローバルアイドルとしてデビューできる7人が発表。

ファイナルテストでは、視聴者によるグローバル投票で6人、プロデューサー陣による選択で1人が決定。最後の7人はイ・ヒスン、ジェイ、ジェイク、パク・ソンフン、キム・ソヌ、ヤン・ジョンウォン、ニキが選ばれ、グループ名“ENHYPEN(エンハイプン)”として今年デビューする。

多くの志願者が涙を流しながらデビュー決定を喜ぶ中、日本人で唯一デビュー組に選ばれた若干14歳のニキも、「本当にありがとうございました。今まで応援してくださったファンの皆さんに、まず感謝の気持ちを伝えたいと思います。これからENHYPENというグループとして活躍することになります。僕はまだ足りないところがありますが、これからもっと素敵な姿をステージで披露できるように頑張りたいと思います」と涙を見せながら感謝の想いを語った。

(C)AbemaTV,Inc.
世界中から注目を集めたファイナルテストの総視聴数は300万(字幕、通訳、韓国語、3チャンネルの合計総視聴数)を超え、放送開始早々SNSでは「#ILANDTheFinale」が世界トレンド1位を獲得したほか、放送後の日本トレンドでは「アイランド」「ケイくん」「ニキくん」といった関連ワードのハッシュタグが合計10個トレンド入りを果たすなど、日本だけでなく世界中で大きな反響を巻き起こした。

そのほか、生放送内では志願者9人によるファイナルテストの生公開ステージや、脱落してしまった志願者と一緒に披露した総勢22人によるスペシャルパフォーマンス、そしてスペシャルゲストとして登場したBTSとTOMORROW X TOGETHERによる志願者へのアドバイスや応援コメントの模様は、「ABEMAビデオ」から1週間無料で視聴可能となっている。

・「I-LAND」から誕生したENHYPEN、早くも日本公式サイト&Twitter開設!メンバーのメッセージ映像も

・Big Hitから新グループ“ENHYPEN”が誕生!デビューメンバー7人が決定…BTS(防弾少年団)ら先輩からの温かい助言も

・BTS(防弾少年団)の後輩が誕生「I-LAND」デビューメンバー7人が決定!日本人も…グループ名は“ENHYPEN”

■関連サイト
ENHYPEN 日本OFFICIAL SITE:https://enhypen-jp.weverse.io
ENHYPEN 日本OFFICIAL Twitter:https://twitter.com/enhypen_jp

記者 : Kstyle編集部