「I-LAND」から誕生したENHYPEN、早くも日本公式サイト&Twitter開設!メンバーのメッセージ映像も

KSTYLE |

Big Hitエンターテインメント
グローバルファンに選ばれたMnet「I-LAND」の最終メンバー7人がグループ名“ENHYPEN(エンハイプン)”として今年デビューする。

18日に放送された「I-LAND」最終回ではグローバル視聴者投票とプロデューサーの選択で7人のデビューメンバーが確定した。イ・ヒスン、ジェイ、ジェイク、パク・ソンフン、キム・ソヌ、ヤン・ジョンウォン、ニキがデビューすることとなった。彼らは無限な可能性を持つ多国籍メンバーで、グローバルファンの応援を足がかりに年内デビューを目標としている。

ENHYPENは連結記号ハイフンのように、違う7人の少年たちがつながってお互いを見つけて一緒に成長するという意味だ。そして音楽を通じて人と人、世界と世界をつなげるという抱負も込められている。

19日午前11時に公式SNSを開設し、オフィシャルロゴトレーラー映像とともにメンバーの初めての挨拶映像を公開した。メンバーは「たくさんの方が愛してくださったおかげで『ENHYPEN』というチームでデビューすることができた。応援してくださったたくさんの方の気持ちに応えて、喜んでいただけるグループになる」と感謝の気持ちを伝えた。

ENHYPENは次世代グローバルアイドルの発掘のために、CJ ENMとBig Hitエンターテインメントが昨年3月設立した合作法人BELIFT LABが生んだ初めてのグループで、デビュー前からグローバルファンの爆発的関心を集めていた。YouTubeなどグローバルプラットフォームで生中継された「I-LAND」の11回までの累計視聴者数はおよそ3,400万人に及ぶ。

最終回放送(12回)後デジタルクリップ再生回数は累計1億8,600万回を超えて、「I-LAND最終回」(I-LAND The Finale)がTwitterワールドリアルタイムトレンド1位になった。さらにグローバル公式ファンコミュニティWeverseの「I-LAND」コミュニティ入会者は、公式デビュー前にも関わらず280万人を突破するなど、新人としては異例の熱い反応を得ている。

デビューと同時に新人賞を総なめしたBTS(防弾少年団)、TOMORROW X TOGETHERを送り出したBig Hitエンターテインメントのアーティストプロデュースのノウハウと「I-LAND」で確認された7人のメンバーの力が加わって完成されるENHYPENのデビューにグローバルファンの期待感が高まっている。



■関連サイト
ENHYPEN 日本OFFICIAL SITE:https://enhypen-jp.weverse.io
ENHYPEN 日本OFFICIAL Twitter:https://twitter.com/enhypen_jp

記者 : Kstyle編集部