「私がいちばんキレイだった時」イム・スヒャン、ハ・ソクジンと再会し泣き崩れる

OSEN |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=MBC「私がいちばんキレイだった時」放送画面キャプチャー
「私がいちばんキレイだった時」イム・スヒャンが、車椅子に乗ったハ・ソクジンを見て泣き崩れた。

17日午後、韓国で放送されたMBC水木ドラマ「私がいちばんキレイだった時」第9話では、オ・イェジ(イム・スヒャン)が、夫ソ・ジン(ハ・ソクジン)が車椅子に乗って現れた姿を見て驚く様子が描かれた。

ソ・ジンはレーシングのためにアメリカに渡ったが、謎の交通事故とともに行方がわからなくなり、妻のオ・イェジは絶望に陥った。そんな中、7年前に行方不明になったソ・ジンの生存が確認され、車椅子に乗った下半身不随の状態で登場して衝撃を与えた。

オ・イェジは下半身不随になったソ・ジンを見て驚いてそのまま座り込み、「入院していたの? それで来られなかったの?」とし、「家に帰ろう。お父さんが待っているから。ファン(ジス)にも会わないと」と話した。

ソ・ジンは「この格好を見せられない。お父さんをそんなふうにしたのは僕だ。この格好で帰るわけにはいけない」と話した。

オ・イェジは「あなたが悪いんじゃない。ただこのようになってしまった。その長い時間を待ちながら、私たちが何を望んだかわかる? ただ1つ、生きていてほしい。でもあなたがこうやって生きている。それでいい。帰ってこれから一緒にいよう。私が守ってあげるから。私を信じて」と言って、涙を流した。

ソ・ジンは「会いたかったよ」と、オ・イェジを抱きしめ、2人は一緒に泣き崩れた。

記者 : ハ・スジョン