BTS(防弾少年団)のJ-HOPE、ミックステープの作業で悩むVにアドバイス「試みること自体が良いこと…したいことをして受け入れればいい」

Newsen |

写真=JTBC「IN THE SOOP BTS ver.」放送画面キャプチャー
BTS(防弾少年団)のJ-HOPEがミックステープを準備しているVに真心のこもったアドバイスをした。

韓国で16日に放送されたJTBC「IN THE SOOP BTS ver.」で森へ移動していたVとJ-HOPEは、ミックステープについて真剣に話し合った。

J-HOPEは、運転中のVにミックステープの進捗状況について聞いた。Vは「初のミックステープで緊張している。悩んでる」とし「このリアリティ番組がいつ放送されるかは知らないけど、これが放送された後も僕が(ミックステープを)準備している可能性もある」と語った。

J-HOPEはVに「プレッシャーを感じないでほしい」とアドバイスした。J-HOPEは「Vがやりたいことをやって、見せたい音楽を見せればいい。大した成果を挙げようとしているわけではない」と強調した。

Vも「僕が好きだった音楽を聞かせたくてやっているけれど、何かまた成果として見られるのではないだろうかと思うと、それが心配だ。僕はそんなことは全く考えてもいないのに」と悩みを打ち明けた。

これを聞いたJ-HOPEは「最初に出るのだからもちろん期待がないわけではない。でも、これが終わりじゃないから」とし「期待され、結果に対する様々な感情があるだろうが、今のVの方向性はいいと思う。いずれにせよ、試みること自体が良い方向に向かっていると思う。Vがしたいことをして、受け入れればいい」とアドバイスした。

・BTS(防弾少年団)、遊園地でライブパフォーマンス!約2年ぶりに米「アメリカズ・ゴット・タレント」に登場

・BTS(防弾少年団)、10月のコンサート「BTS MAP OF THE SOUL ON:E」生中継が決定!オンライン展示も開催

記者 : イ・ハナ