イ・ソンギョン主演、短編映画「ハートアタック」10月5日にオンライン公開が決定

MYDAILY |

写真=Young Film
タイムスリップファンタジー短編映画「ハートアタック」(監督:イ・チュンヒョン)がオンライン公開を確定した。

「ハートアタック」は愛する人を生かすために、100回にわたり時間を戻す女性の物語を盛り込んだタイムスリップファンタジーロマンスだ。短編映画「身代金」で韓国内外の評論家の注目を集めたのに続き、公開予定の長編デビュー作「コール」に名実共に映画界の期待のホープに浮上した‟モンスター新人”イ・チュンヒョン監督と、20代~30代の観客から幅広い支持を受けている女優のイ・ソンギョンが出会った。

特に「ハートアタック」は本編はもちろん予告編、メイキングフィルム、ポスターまですべての撮影をサムスンの最新スマートフォン「GalaxyS20 Ultra」で進めたという点で注目を集めている。スマートフォンだけで撮影されたことを感じることができないほどの密度の映像美、スマートフォンであるために可能なユニークな撮影技法と躍動感あふれる画面を視聴者に披露する。公開のニュースと一緒に披露されたポスター、公式スチールカットを通じて「ハートアタック」の優れた映像美を垣間見ることができる。

イ・チュンヒョン監督は「愛らしいどんでん返しが隠されているロマンス映画」と紹介し、また「大きなカメラや機器で行うことができないアングルや動きをGalaxy S20で撮影しながら、かつては考えられなかったアイデアが浮上した。この映画に込められた撮影技法は、スマートフォンがあれば誰もが一度真似して試すことができるだろう」と明らかにした。スマートフォンで映像を撮影することに慣れているミレニアル世代(1980年代序盤から2000年代序盤に誕生した世代)の観客に特別な楽しみをプレゼントすると期待を集めている。

また「ハートアタック」は、「ビューティー・インサイド」(2015)、「お嬢さん」(2016)、「LUCK KEY/ラッキー」(2016)、「毒戦 BELIEVER 」(2018)などを通じて様々な試みを重ねて、格別なミジャンセンと新鮮なストーリーテリングを披露した制作会社のYoug Filmが制作に参加した。10月5日に動画配信サービスWATCHAを通じて初公開される。

記者 : イ・イェウン