ソンフン「DMZ国際ドキュメンタリー映画祭」開幕式のMCに抜擢

OSEN |

写真=Stallionエンターテインメント
俳優のソンフンが「DMZ国際ドキュメンタリー映画祭」開幕式のMCを務める。

ソンフンが、17日午後7時より坡州(パジュ)MEGABOX出版都市店で開催される「第12回DMZ国際ドキュメンタリー映画祭」の開幕式に、アナウンサーのイム・ヒョンジュとともに共同司会者として参加し、映画祭のスタートを告げる予定だ。

今年で12回目を迎える「DMZ国際ドキュメンタリー映画祭(DMZ International Documentary Film Festival)」は、韓国の様々なドキュメンタリーを一度で見ることができるドキュメンタリーフェスティバルだ。今年は、新型コロナウイルスの影響でオンラインとオフラインを並行する形で、9月17日から24日まで8日間にわたって開かれる。

ソンフンは「『第12回DMZ国際ドキュメンタリー映画祭』の始まりに参加することができて光栄に思う。役に立つことができるように最善を尽くす」と伝えた。

映画「愛していますか?」「ヒョンジェ~釜山港の兄弟~」とドラマ「レベルアップ」「ドキドキ再婚ロマンス 子どもが5人!?」「オー・マイ・ビーナス」などで印象的な演技を披露したソンフンは、現在次回作を検討している。

明日(17日)午後7時、坡州MEGABOX出版都市店で開かれる「第12回DMZ国際ドキュメンタリー映画祭」の開幕式は、新型コロナウイルスの拡大防止のために、制限された小規模の人数だけを招待して開催され、NAVER tvを通じて、全世界の映画関係者と観客に生中継される。

記者 : カン・ソジョン