WayV、韓国で初の単独リアリティ番組「WayVision」予告映像を公開…エクストリームスポーツからグルメまで見どころ満載

Newsen |

写真=SM C&C STUDIO A、Seezn
WayV(威神V)が韓国で初の単独リアリティ番組「WayVision」の予告映像を公開した。

Seeznのオリジナルウェブバラエティ「WayVision」は、WayVのメンバーたちが経験した7人7色の江原道(カンウォンド)旅行記を収めたコンテンツで、チャンネルごとに競争を繰り広げる。7月上旬にソーシャルディスタンスを保ちながら安全に撮影した。

15日に公開された予告映像では、WayVの7人のメンバーが直接企画・準備した「WayVision」の中のユニークな6つのチャンネルが紹介され、放送への期待を高めた。

「僕たちが作るテレビ『WayVision』が開局しました!」とメンバー全員が歓声を上げ、「WayVision」の開局を祝うとともに「これは競争だ」と言って「WayVision」で繰り広げられるメンバーらの激しい戦いを予想させる。

続けて7人のメンバーが直接企画・体験したチャンネルの紹介が行われる。まず、最初にWayVのリーダーで頼もしいクンのチャンネルが紹介された。“スイート大兄”クンが準備した「空中アクティビティチャンネル」は、全くスイートでない?“辛い味100スプーン”の活動で、メンバーを戸惑わせる。

次に代表的なエクストリームスポーツであるラフティングを楽しむメンバーの姿が収められた末っ子ヤンヤンの「水中アクティビティチャンネル」と、メンバーを童心に帰らせるダイナミックな部屋脱出ゲームが描かれたシャオジュンの「室内アクティビティチャンネル」も目を引く。

水上スポーツの華であるサーフィンでカッコいい姿を披露する“テンション最高”テンの「サーフィンチャンネル」と「白い布と風さえあればどこでも行けます」という台詞のようにラグジュアリーなヨットに乗って海を回るウィンウィンの「ヨットチャンネル」は美しい夕日の下、感性を刺激する特別なひとときをプレゼントする予定だ。

最後に“ビーグル兄弟”ルーカスとヘンドリーが準備した「グルメチャンネル」では2泊3日の間、江原道のグルメを楽しむモクバン(おいしそうにたくさん食べる番組のこと)フルコースでメンバーはもちろん、視聴者の満足度を100%向上させることが期待される。

「WayVision」は、21日から毎週月曜日と火曜日の午後6時にKTモバイルOTTサービスのSeeznアプリで公開される。

記者 : パク・スイン