HIGH-UP GIRLS パク・シウン、ドラマ「ブラームスが好きですか」にサプライズ出演…元気いっぱいな演技を披露

MYDAILY |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=SBS「ブラームスが好きですか」放送画面キャプチャー
新ガールズグループHIGH-UP GIRLS(仮称)のパク・シウンが、元気いっぱいの明るい演技で、視聴者たちに強い印象を残した。

パク・シウンは14日に韓国で放送されたSBS月火ドラマ「ブラームスが好きですか」第5話で、バイオリニストのチョ・スアン役でサプライズ登場した。

少し毒気のあるお茶面な少女に扮したパク・シウンは、劇中のキーパーソンとしてストーリー展開に華を添えた。元気いっぱいな魅力と美しいビジュアルで、短い登場シーンにも関わらず強い存在感をアピールした。またバイオリンの演奏シーンも完璧にこなして、多彩な魅力を放った。

この日の放送でチョ・スアンは、チェ・ソンア(パク・ウンビン扮)と同じ大学の出身であり、パク・ジュニョン(キム・ミンジェ)の恩人である弁護士の娘として登場した。彼女のコンサートには多くの人が集まり、チェ・ソンアも羨望の眼差しでチョ・スアンを眺めた。

チョ・スアンはチェ・ソンアからコンサートの靴を借りて履いた後、「うちの大学に3浪か4浪で入学したお姉さんじゃない?」と彼女を知っている素振りで話した。周囲の人間にも「お姉さんっていつも最下位でしょ。ソリョン大学でバイオリンをしていたからって、全員がバイオリニストになれるわけじゃないのよ」と言い、チェ・ソンアを傷つけた。

それだけでなく彼女は、イ・ジョンギョン(パク・ジヒョン扮)にパク・ジュニョンのニューヨークコンサートで会ったことがあると言って、ハン・ヒョンホ(キム・ソンチョル扮)が2人の関係を推測させる決定的な役どころを果たすなど、物語の展開に重要な役割を果たした。

一方、歌手パク・ナムジョンの娘であるパク・シウンは、今年下半期に韓国最高といわれるプロデュースチーム、ブラック・アイド・ピルスンのプロデュースグループHIGH-UP GIRLS (仮称)としてK-POPデビューを控えている。

記者 : ミョン・ヒスク