ソン・ドンイル&ハ・ジウォン&キム・ヒウォン主演、映画「担保」韓国で9月29日に公開

MYDAILY |

写真=CJエンターテインメント
近づいてくる秋夕(チュソク:韓国のお盆)連休に全世代の観客に愉快さと感動を届ける、ヒーリングムービー「担保」が韓国で9月29日に公開される。

荒々しく無知な債券取立て業者ドゥソクと彼の後輩ジョンベが、お金を返してもらうために訪れた女ミョンジャから、彼女の9歳の娘スンイを担保として預かることで始まる物語を描いた映画「担保」が、9月29日の公開を確定した。

2020年ヒーリングムービーとして注目を集めている「担保」は、「国際市場で逢いましょう」「コンフィデンシャル/共助」「ヒマラヤ」「それだけが、僕の世界」など多様なヒット作を通じて特別な愉快さと感動を届けた興行メーカーJKフィルムの2020年初作品として話題を集めた。

荒々しいが、心だけは温かい債券取立て業者のドゥソク(ソン・ドンイル)と、いつもぶつぶつ言っているが情け深いジョンベ(キム・ヒウォン)が、偶然一人の子どもを担保として預かることになったという独特な設定で好奇心を刺激する映画「担保」は、全世代が共感することができる普遍的なメッセージを通じて、観客たちに愉快な面白さと暖かい感動を与える作品として期待を高めている。

演技力が評価されているソン・ドンイルと各作品で代替不可能な存在感を誇示するハ・ジウォン、幅広いキャラクターを演じてきたキム・ヒウォンが熱演を繰り広げる。また「ただ悪から救ってください」を通じて子役界の新星として浮上した天才子役パク・ソイも300倍の競争率を勝ち抜いて9歳のスンイ役として「担保」に合流、華やかなラインナップを構築して映画への信頼を引き上げる。

最近放送終了となったバラエティ番組「車輪のついた家」を通じて証明したソン・ドンイルとキム・ヒウォンのおじさんケミ(ケミストリー、相手との相性)から可愛らしい娘ハ・ジウォン、パク・ソイのファンタスティックな親子ケミまで、ベテラン俳優たちが作り出した多彩なケミは映画の面白さと感動を倍増させ、家族観客が一緒に楽しむことができる2020年ヒーリングムービー「担保」の公開への期待をさらに高めている。

記者 : クァク・ミョンドン