“デビューから5ヶ月”CRAVITY、日韓で早くも1位を獲得「本当に夢みたい…早くファンに会いたいです」

OSEN |

写真=STARSHIPエンターテインメント
最近、2ndミニアルバムでカムバックしたCRAVITYは、音楽番組でデビュー後初めての1位を獲得、韓国だけなく日本のチャートでも存在感を見せつけた。そんな彼らの思いが詰まったインタビューが公開された。

――「2020 SOBA(2020 SORIBADA BEST K-MUSIC AWARDS)」で新人賞、カムバック直後に音楽番組1位とGAONチャートアルバムチャート、HANTEOチャート週間アルバムチャート、日本タワーレコード全店総合アルバム週間チャートでも1位を獲得した感想を聞かせてください。

セリム:今回、新しいコンセプトを準備しながら、実は期待もしていたんですが、喜んでいただけるかどうかドキドキしました。幸い、多くの方々に喜んでいただけたようで本当に幸せです。僕たちをいつも応援してくださるLUVITY(CRAVITYのファン)の方々にいつも愛をいただいてるばかりです。今後、必ず素敵なステージでお返ししたいです。

アレン:歌手の夢を見ていたのが昨日みたいです。4月にデビューしてから間もないのに、もうこんなに大きな賞をもらったり、大きな声援をいただくことになって信じられません。LUVITYの方々とSTARSHIPの方々に本当に感謝しています。今後、もっと一生懸命に頑張りながら成長する姿を見せるCRAVITYになります!

ジョンモ:実を言うと、「THE SHOW」で1位になったとき、実感が湧きませんでした。ステージから降りてきて、メンバー同士で祝って、NAVERのライブ映像配信アプリ「V LIVE」でLUVITYの方々と話した時にやっと実感しました。本当にファンの方々がいなかったら、このような結果は得られなかったと思います。本当に感謝しています。

ウビン:海外でも僕たちにこのように注目していただくのが不思議で、ありがたいです。コロナで海外活動がいつできるか分かりませんが、僕たちを応援してくださる方々が多いことを考えると、いくら疲れていても力が出ます。海外にいらっしゃるファンの方々も待ってくだされば、僕たちが一生懸命にステージを準備してお目にかかることを約束します!

ウォンジン:「THE SHOW」で1位発表を聞いたとき、本当に驚いたし、嬉しくて足の力が抜けました。たくさん泣きましたし。今はいつもより幸せです。その後にステージを披露する時もエネルギーが湧いてくる気分でした。LUVITYの方々に本当に感謝しています。愛してると伝えたいです。

ヒョンジュン:あまりにも驚きのニュースを何度も聞いて、これが隠しカメラではないかと思ったりもします。LUVITYの方々には本当に感謝しています。こんな大きな愛にお答えするために、本当に一生懸命に頑張ろうとずっと誓っています。

テヨン:一瞬一瞬が本当に夢みたいです! このように大きな愛をくださるたびに、早くLUVITYの方々に会いたいですし、僕たちのステージを見せたいと思います。早く状況が改善してほしいです。

ソンミン:このように大きな愛をいただいて、本当に感謝しています。なのでステージでも、本当に完璧な姿をお見せするために努力するようになります。今は番組で僕たちの姿をお見せして、SNSや「V LIVE」でコミュニケーションしてますが、いつか必ずLUVITYの方々に会って、直接ありがとう、愛してると言いたいです。

――カムバックと同時に多くのことを成し遂げましが、次に叶えたい目標はありますか?

セリム:僕たちのアルバムや楽曲がビルボードチャートに入るのが目標です! 僕たちの歌とステージを世界のファンの方々にお見せして、多くの方々に愛されたいです。いつかビルボードチャートに僕たちの曲がランクインしたら、本当に驚いて何もできないと思います。

ミンヒ:メンバー同士のチームワークがすごく良くて、皆で長く一生懸命に活動したいです。メンバーたちと多くのジャンルとコンセプトに挑戦しながら、楽しく活動したいです。

――新型コロナウイルスの状況が良くなったら、一番したいことは何ですか?

ソンミン:やっぱりコンサートがしたいです。「2020 SOBA」で初めてファンの方々が前にいた時にステージを披露したんですが、その時の記憶がまだ生々しいです。LUVITYの方々の前で目を合わせながら、正式にコンサートをしたらどれだけ楽しくて力が出るんだろう、想像するだけでも幸せです。

ジョンモ:ファンミーティングです! ファンの方々にステージもお見せして、直接会話もしたいです。ファンミーティングをしたら、こっちがもっと緊張して何も言えなくなるのではないか不安ですが、それでも早く会って話し合えたら、本当に幸せで嬉しいと思います。少しだけ我慢していただけたら、カッコよい姿をお見せします。

――メンバーたちがデビューアルバムの時と比べて、大きく成長したという評価を得ていますね。

アレン:僕たちも知らなかったんですが、最初のステージと今を比較すると、確かにメンバー同士のチームワークも良くなって、ずっとステージを楽しみながらやっているような印象があります。以前より良い姿をお見せしているようで、良かったと思っています。今後もっと素敵な姿をお見せするので、楽しみにしていてください。

ウビン:僕が見てもメンバーたちが本当にカッコよくなりました。みんなダンスも上手になって、以前より歌もずっと上手だと思います。やはりメンバー同士のチームワークが良くて、このように成長できたと思います。お互いに大切に思って応援したからこそ、このように一緒に成長できたんだと思います。

――メンバーたちが思う、今回のタイトル曲「Flame」のステージを一言で要約してください。

ヒョンジュン:「Flame」のパフォーマンスを一言で要約すると、“ギャップのある魅力”だと思います。衣装もそうですし、メンバーたちのビジュアルも、ナチュラルながらパワフルな雰囲気を同時にあると思います。ステージでも切れ味抜群で柔らかいカリスマ性がたっぷり詰め込まれています。この点に注目していただければ、ステージをもっと楽しく見ていただけると思います。

ウォンジン:クールさと情熱! 普段はすごく元気ですが、じっとしていたら意外とクールに見えるメンバーが多いんです。今回の「Flame」のステージにメンバーたちのそのような自然なクールさが表れています。また、「Flame」で燃えるような僕たちの情熱をお見せしているので、熱い意志を強く感じていただけると思います。

――「Break all the Rules」「Cloud 9」に続き「Flame」まで、変身に変身を繰り返しましたね。次に挑戦してみたいコンセプトはありますか?

テヨン:甘くて温かい雰囲気のステージも飾ってみたいです。見ればときめきが感じられる、そんなステージをお見せしたいです!

ミンヒ:叙情的な感性のステージを一度やってみたいです。今までお見せした姿が、ほとんど強烈でカリスマ性のあるコンセプトであることもあって、叙情的なステージを飾ってみたいです。

――最近ビルボードのコラムニスト、ジェフ・ベンジャミン(Jeff Benjamin)が練習生の時に見たCRAVITYの成長を見て嬉しいという言葉と共に、メンバーたちの作詞への参加とニューアルバムを絶賛しましたね。どんな気分ですか?

アレン:ビルボードのK-POP関連ニュースやテレビで見たコラムニストのジェフ・ベンジャミンさんを練習生の時に偶然見たんですが、その時はまだ練習生だったので、緊張もして、不思議でした。もちろん今も、こんな方が僕たちに注目しているというのが、本当に不思議でありがたいです。「Believer」と「Realize」の作詞・作業にたくさんの努力をしましたし、公開したときにもっと緊張しました。しかし、このように見守って応援していただいたおかげで、デビュー活動もしっかり終えて、カムバックアルバムの制作にも参加していいという自信を得ました。もう一度感謝を言いたいです!

ジョンモ:デビューする前、練習室にMONSTA X先輩の取材に来たジェフ・ベンジャミンさんに会いました。その時は練習生でしたし、歌手の夢を見ていた時だったので、ビルボードどころかデビューも遥か遠いことのように感じていました。しかし、その時から今までずっと関心を持って見守ってくださって本当に嬉しいですし、ニューアルバムも好評していただいて感謝しています。このように期待して注目していただいているだけに、今後もさらに成長する姿お見せします!

セリム:最初はラップメイキングに参加したことも本当に嬉しかったですし、努力しただけに他の方々に喜んでいただきたいなと思いましたが、ここまで賞賛してくださって、もっと自信が持てました。本当に感謝しています。今回、アルバム制作に参加したのが初めてだったので、確かに残念なところもありました。しかし、できるかぎり最善を尽くしましたし、このように好評していただいて、本当に幸せです。次のアルバムでも良い姿をお見せできるように頑張ります!

――最後にCRAVITYのメンバーたちを誰よりも待っているファンたちに一言お願いします。

セリム:LUVITY! ちゃんとマスクして、少しだけ我慢して待っていてください。僕たちは、いつもLUVITYに会う準備をしているので、状況が良くなったら、すぐに会いましょう!

アレン:今回の「Flame」を応援してくださって本当にありがとうございます。いつもこれまでよりも素敵なステージをたくさんお見せするために努力します! 愛してます、ありがとうございます!

ジョンモ:嬉しいことほど、LUVITYの方々に直接会って一緒に喜びたいのに、それができなくて本当に残念です。「Flame」をたくさん愛してくださって、ぜひ直接会って一緒に会話しましょう!

ウビン:いつも僕たちを応援してくださってありがとうございます。皆さんのおかげで「THE SHOW」で1位、アルバムチャートでも1位を獲得することができました。ぜひ、今後ステージでお会いましょう!

ウォンジン:今回の「Flame」に自分たちも限界まで飛び越えたいという意志を込めましたが、LUVITYの方々がいなかったら僕たちがこんなに良い結果は出せなかったと思います。CRAVITYを愛してくださってありがとうございます! これからもカッコよい姿をお見せするためのたくさん努力します!

ミンヒ:みんな忙しくて大変な状況に、応援して愛してくださって、本当に感謝しています。僕たちがお返しできる方法は、一生懸命にステージを準備することしかないと思います。少しだけ待っていただければ、すぐにお目にかかることができると思います。

ヒョンジュン:こうやってカムバックしてここまで来たのも奇跡みたいです。LUVITYの方々に本当に感謝しています! これからの多くの番組でカッコいい姿をお見せするので、楽しみにしていてください。

テヨン:もう一度僕たちの1位、アルバムチャート1位、本当にありがとうございます! LUVITYの方々に誇らしく思っていただけるCRAVITYになれるようもっと努力します!

ソンミン:みんな大変な時期ですが、僕たちの歌とステージで力を得られたら嬉しいです。大きな関心をありがとうございます! 「Flame」の活動はこれからなので、たくさん応援してください!

記者 : チ・ミンギョン