BTS(防弾少年団)「第47回韓国放送大賞」で3度目の歌手賞に!ドラマ「椿の花咲く頃」カン・ハヌル&人気キャラクターペンスも受賞(総合)

Newsen |

写真=MBC「第47回韓国放送大賞」生中継キャプチャー
BTS(防弾少年団)やカン・ハヌルが「第47回放送大賞」で受賞した。

10日、「第47回韓国放送大賞」の授賞式がMBCで生中継された。新型コロナウイルスの影響で、表彰と感想コメントは映像で公開された。

この日、BTSは歌手賞を受賞した。リーダーのRMは「3年連続で受賞できて光栄である。貴重な賞をいただけてありがたい」とコメントした。続いて、SUGAは「今年発売したアルバムとシングルが、身に余る愛をもらった。音楽を愛してくださる多くの方々に感謝申し上げる」と付け加えた。

J-HOPEは「パン・シヒョクプロデューサー、Big Hitのスタッフの方々、メンバーの家族に感謝を言いたい」と話し、ジョングクは「ARMY(BTSのファン)の皆さんに感謝申し上げる。ARMYのおかげでこの場にいることができた。お互いに力になる存在として、皆さんと長くこの道を歩んでいきたい」と語った。Vは「これからも多くの関心と応援をお願いしたい」と伝えた。

また、カン・ハヌルは演技者賞、出演作「椿の花咲く頃」は作品賞のドラマ部門をはじめ作家賞(イム・サンチュン)を受賞した。カン・ハヌルは「とてもありがたく、光栄だ。『椿の花咲く頃』に出演し、よかったのはコン・ヒョジン、チャ・ヨンフンプロデューサー、イム・サンチュン作家など、たくさんの方々に会えたことだ」と伝えた。

続けて「このような賞をもらえるのは、僕のおかげというよりは、コン・ヒョジンの力が大きかった。彼女のおかげで賞をもらえることがてきた。とてもありがたい。良い演技者になる前に、良い人になれるよう努力する」と付け加えた。

芸能人賞を受賞したEBSの人気キャラクターであるペンスは「皆さん、人がもらえる『芸能人賞』をペンギンがもらった。感謝している。ペンギンも『芸能人賞』をもらえることができる」とし「このように不可能なことだと思っていたことでも、可能にすることができた僕自身とペンクラブに感謝する」と所感を明らかにした。

また、作品賞の芸能バラエティ部門にはペク・ジョンウォンが出演陣と共に地域特産物を利用してメニューを研究・開発し、休憩所、鉄道の駅、空港など、流動人口が多い場所で、交通利用客にメニューを披露する「美味しさの広場」が選ばれた。

・BTS(防弾少年団)、新曲「Dynamite」で各チャート上位を総なめ!抜群の活躍にフォーブス誌が注目

・BTS(防弾少年団)出演することなく「SHOW CHAMPION」で2週連続1位を獲得…映像で感謝のコメント

記者 : チ・ヨンジュ