ユン・バク&イ・ヒョヌク出演、新ドラマ「サーチ」スチールカットを公開…対照的な2人のキャラクターに期待

TVREPORT |

写真=OCN
OCNドラマチックシネマの4度目のプロジェクト「サーチ」で、ユン・バクは司令部最高のエリート将校ソン・ミンギュ大尉役を、イ・ヒョヌクは人間味溢れる本物の軍人精神を持つイ・ジュンソン中尉役を演じる。2人はそれぞれチーム長と副チーム長になり、特殊任務隊を率いて展開される微妙な神経戦で劇に緊張感を与える予定だ。

まず、ソン・ミンギュ大尉は本当の目的を隠して特殊任務隊に入った人物だ。軍組織で出世の道を真っ直ぐ歩き、少領に進級する予定だったが、不祥事に巻き込まれて軍事裁判を受けることになった。出世と成功のためにすべてをかけて努力する彼に、被疑者になってしまった状況は大きな危機だった。しかし、特殊任務隊のチーム長という最後の機会を手にし、人生最大の危機を乗り越えるために拍車をかける。

一方、イ・ジュンソン中尉は素晴らしい格闘技の実力、人並み外れた軍人の精神を誇る特殊戦部隊の将校だ。その圧巻の実力で、DMZ(非武装地帯)の危機状況を収拾するための特殊任務隊の副チーム長に抜擢される。

9日に公開されたスチールカットで、2人はDMZで発生する謎の事件の秘密を暴くという固い意志で燃える勢いを見せた。凛々しい雰囲気を誇る軍服、揺るぎない姿勢、決然とした目つきで品のあるカリスマ性を見せつけた。そして、2人の間に流れる緊張感が写真からもそのまま感じられ、関心を集めた。

ソン大尉とイ中尉は、圧倒的なオーラで人を惹き付けるという共通点があるが、それぞれ求めているリーダーシップの方向は違う。ソン大尉は作戦の成功を最優先にする目標志向の軍人だが、イ中尉は作戦遂行の過程における深いチームワークを重んじている。任務達成のために猪突猛進になるソン大尉の推進力と、メンバーを勇気づけ、協力させるイ中尉の包容力は特殊任務隊の作戦遂行の過程で対立を生むと予想される。

これについて制作陣は「ソン大尉が軍の体系的な命令で指揮する鋭いカリスマ性を見せつけるとしたら、イ中尉は温かいリーダーシップで後輩たちを率いる。2人のキャラクターが対照的であるゆえに生じる緊張感も『サーチ』への集中度を高めるとみられる」と伝えた。「ユン・バクとイ・ヒョヌクは、広い演技の幅を誇る俳優であるだけに、対象的なキャラクターを息ぴったりの演技で表現し、劇の完成度を高めている」と付け加え、期待を高めた。

特殊任務隊の最後の走者となったユン・バク、イ・ヒョヌクのスチールカット公開で出撃の準備を終えた「サーチ」は、DMZで始まった謎の失踪と殺人事件の秘密を明らかにするために構成された最精鋭捜索隊の物語を描いたミリタリースリラー。映画「時間回廊の殺人」「怖い話」のイム・デウン監督が演出を、多数の映画で脚本、演出を引き受けた脚本家のク・モとコ・ミョンジュが執筆を引き受けた。「ミッシング:彼らがいた」の後番組として、10月に韓国で放送が始まる予定だ。

記者 : イ・ユニ