オム・テグ&チョン・ヨビンら出演、映画「楽園の夜」第77回ベネチア映画祭ノン・コンペティション部門に選出…韓国の映画では唯一

OSEN |

写真=映画ポスター
パク・フンジョン監督の新作映画「楽園の夜」が、第77回ベネチア国際映画祭のノン・コンペティション部門に選出された。

「楽園の夜」(提供配給:NEW、制作:映画クムォル、ペパーミント&カンパニー)は、組織のターゲットになった男性と人生の崖っぷちに立たされている女性の話を描いた作品である。

先月28日昼11時(現地時間)、ベネチア国際映画祭は「楽園の夜」をノン・コンペティション部門に選出すると発表した。

韓国の長編映画がベネチア国際映画祭に招待されたのは、2016年キム・ジウン監督の「密偵」以来4年ぶりとなる。何より「楽園の夜」は、今年公式選出された作品の中で唯一の韓国映画であり、意義深い。

ベネチア国際映画祭のアルベルト・バルベラ執行委員長は、「『楽園の夜』は、ここ数年間の韓国映画界の中で最も優れたギャング映画の1つである。パク・フンジョン監督は定型化されていない複合的なキャラクターをもとにした脚本執筆能力と共に、印象的で巨匠らしい演出力は大きな関心を受けるべき作家である。間違いなく彼の名前は、今後さらに知られるだろう」と選出の理由を明らかにした。

これに対して、パク・フンジョン監督は「美しい南の済州島(チェジュド)の海と空を収め、その中に血の色に染まった話を繰り広げた」とし、「背景とストーリーが与えるアイロニーを、観客がそれぞれの立場で興味深く見守ってほしい」とし、選出された感想を伝えた。

「楽園の夜」は、さまざまな作品を通じてユニークな魅力をアピールした俳優のオム・テグとチョン・ヨビン、そしてチャ・スンウォンの最高の相乗効果で注目を集めている。そこに多数の映画やドラマで安定した演技力を見せた俳優のイ・ギヨンとパク・ホサンの合流で、最強のキャストを完成させて期待を高めている。

パク・フンジョン監督は、韓国ノワールの新しいページを切り開いた「新しき世界」(2013)、ミステリアスな展開と新鮮なアクションが際立った「魔女」(2018)に至るまで、練り込まれたストーリーと強烈な展開、新しい試みが加わえられた作品世界で観客を魅了してきた。

1932年に初開催され、今年で77回目を迎えるベネチア国際映画祭は、世界で最も古い国際映画祭で、カンヌ国際映画祭、ベルリン国際映画祭とともに世界3大映画祭とされている。

今年は、イタリア・ベネチアのリド島で今月2日から12日まで開催される。新型コロナウイルスの影響により、主なイベントがオンラインで開催されるか、または中止となるなど、規模を縮小して運営している。

記者 : キム・ボラ