「私がいちばん綺麗だった時」イム・スヒャン、夫ハ・ソクジン&ファン・スンオンの関係を知る

Newsen |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=「私がいちばん綺麗だった時」放送画面キャプチャー
イム・スヒャンが夫ハ・ソクジンとファン・スンオンの関係を知った。

韓国で9月3日に放送されたMBC水木ドラマ「私がいちばん綺麗だった時」第5話でオ・イェジ(イム・スヒャン)は、結婚式に来たキャリー・チョン(ファン・スンオン)の正体を知った。

オ・イェジは夫ソ・ジン(ハ・ソクジン)のパソコンから、キャリー・チョンと仲良く写っている写真を見つけ「何? 元カノの写真だったの?」と独り言を言った。オ・イェジは結婚式に来たキャリー・チョンの姿を思い出した。

その間、ソジンはキャリー・チョンがパン会長(イ・ジェヨン)と共に母親キム・ヨンジャ(パク・ジヨン)の事業に介入していることを知って怒り、キャリー・チョンは「いくら腹が立ったとしても、あえてここまで私を訪ねてきたのは、あなたの無意識が私を望んでいるからではないか」と誘惑した。

続けてキャリー・チョンは、陶器を買いたいとソ・ジンの父親ソ・ソンゴン(チェ・ジョンファン)のところを訪れた。オ・イェジは、キャリー・チョンがソ・ジンに「帰ってこなくてもいい。私はあなたの半分で十分だから」と言っているのを盗み聞きした。オ・イェジは「取引はこれが最後にしてほしい。夫の元恋人をお客さんとして接するほど、私はクールじゃない。彼とどんな関係だったか知っている」と話した。

しかし、キャリー・チョンは「私は注文を取り消すつもりはない。欲しければ必ず手に入れなければ気がすまないから」と宣戦布告し、緊張したオ・イェジは夫ソ・ジンに「私があなたを幸せにしてあげられないなら、少なくとも邪魔はしたくない」と話し、レースを許すことで愛情を表現した。

同日の放送の最後に、ソ・ジンがアメリカでラリーに参加して失踪する姿が描かれ、新しい展開を予告した。3年目、行方不明になっているソ・ジンを後にして、ソ・ファン(ジス)のオ・イェジに対するアタックが予告された。それと同時に、同じラリーに参加したキャリー・チョンが、ソ・ジンの行方を知っているのか、これからが気になる展開となった。

記者 : ユ・ギョンサン