放送開始「恋愛革命」Wanna One出身パク・ジフン、ストーカーに間違われる

TVREPORT |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=Kakao M「恋愛革命」画面キャプチャー
Wanna One出身のパク・ジフンが、青春の初々しい魅力を見せた。

パク・ジフンは1日にKakao TVを通じて初公開されたKakao Mのオリジナルデジタルドラマ「恋愛革命」で、可愛らしい純情な少年コン・ジュヨンを演じた。

ウェブ漫画を原作にした「恋愛革命」で、パク・ジフンはキャスティング段階から原作との高いシンクロ率を誇り、期待を高めた。大人しく、平和主義なコン・ジュヨンという役柄をうまく演じながら可愛らしい魅力を表現した。パク・ジフンの安定的な演技のおかげで、イ・ルビとの初々しい恋愛模様に、一層注目が集まっている

この日公開された第1話でコン・ジュヨンは、独り立ちした後に高校へ入学し、新しい友人と出会った。特に自身のバス代を出してくれたワン・ジャリム(イ・ルビ)と学校で再会し、運命を感じた。

またコン・ジュヨンは友人に、「これは運命じゃないか。名前もワン・ジャリムだ。コンジュとワンジャ(韓国語で姫と王子という意味)」と話した。その後、コン・ジュヨンは一日中ワン・ジャリムに付きまとい、親友イ・ギョンウ(ヨンフン)のアドバイスを聞いて、さらに積極的に近く決心をした。

しかしワン・ジャリムは、誰かからストーキングされていると誤解した。努力の結果、誤解を解いたコン・ジュヨンは、ワン・ジャリムに返すバス代の1000ウォン札に思いを綴った手紙を書いた。しかし、ワン・ジャリムはそれを見ずにバス代として使ってしまい、コン・ジュヨンを傷つけた。

Kakao Mのオリジナルデジタルドラマ「恋愛革命」は、気難しいジョンボ高の女神ワン・ジャリムと、彼女に一目惚れした、愛嬌溢れるコン・ジュヨンを中心に繰り広げられる新概念のロマンスだ。

記者 : イ・ユンヒ