f(x) クリスタル出演、新ドラマ「サーチ」スチールカットを公開…凛々しい軍服姿に視線集中

MYDAILY |

写真=OCN
新ドラマ「サーチ」が、ソン中尉を演じるf(x)のクリスタルの最初のスチールカットを電撃公開した。キャスティング確定のニュースの後、長い時間待っていた甲斐があったと感じられるほど、凛々しいビジュアルが視線を奪う。

ケーブルチャンネルOCNドラマチックシネマ「サーチ」は、DMZ(非武装地帯)で始まった謎の失踪と殺人事件の秘密を明らかにするために構成された最精鋭捜索隊の物語を描いたミリタリースリラー。

ドラマでは初めて披露する「ミリタリー」と「スリラー」とジャンルの組み合わせに、好奇心が日々高まる中で、化学兵器防衛司令部の特任中尉ソン・イェリム役を演じ、OCNを通じて嬉しい復帰を発表したクリスタルの最初のイメージが1日に公開された。

明晰な頭脳で、学軍士官の候補生時代の軍事学はもちろん、冬夏季の軍事訓練の総合評価で最高点を記録して、任官成績1位で卒業した後、米陸軍士官学校、海外研修も終えた完璧なスペックのエリート将校であるソン中尉。大胆な勇気と情熱を持っており、周りから絶対的な信頼を受けているエースだ。徹底した軍人精神で、こなす任務ごとにすべてしっかりと完了してきたソン中尉は、敏速な能力を発揮してDMZで発生する謎の事件を一つ二つと暴いていく予定である。

スチールカットでのクリスタルは、まるで自分の服を着ているかのように自然に軍服を着こなし、ソン中尉との完璧なシンクロ率を見せた。揺るぎない堂々とした眼差しで、一度引き受けた任務は最後までやり遂げてやるという覇気も伝わってくる。軍服でも遮られない美貌、エリート将校らしい知性、そこに堂々としたカリスマ性まで備え、「カッコよくてキレイ」という感嘆の声を出させる。女優としての地位をしっかりと固めてきたクリスタルのまた違った演技でのイメージチェンジが期待される理由だ。

制作陣は「クリスタルが既に完成されたビジュアルに、キャラクターになりきった演技力を加え、ソン中尉を完全に表現している」と伝え、「すべてに周到なソン中尉は、DMZで発生する事件の核心に素早く食い込む特殊任務隊のブレーンである。鋭い接触で事件の手がかりを逃さない彼女の見事な活躍を期待してほしい」と呼びかけた。

「サーチ」は、映画やドラマのフォーマットを組み合わせたOCNドラマチックシネマの4度目のプロジェクトで、映画の鋭い演出とドラマの密度の濃いストーリーを通じて、ウェルメイド(よく作られた)ジャンルドラマを制作するために大勢の映画制作陣が意気投合した作品である。映画「時間回廊の殺人」「怖い話」のイム・デウン監督が演出を、多数の映画で脚本、演出を引き受けた脚本家のク・モとコ・ミョンジュが執筆を引き受けた。

土日オリジナル「ミッシング:彼らがいた」の後番組として、10月に韓国で放送が始まる予定だ。

記者 : キム・ナラ