GREAT GUYS ウィヨン、ミュージカル映画「K-School」の主役に抜擢!宇宙少女 ダウォン&APRIL イェナらと共演

KSTYLE |

韓国ボーイズグループGreat Guysのウィヨンが、世界初の8K UHDミュージカル映画 「K-School」(製作:KANGcontents/ArtSpring)にイケメン財閥4世のテディー役として抜擢され、スクリーンデビューすることとなった。

Great Guysは平均身長184cmのモデルドル(モデル+アイドルの略)として2017年にデビュー後、韓国及び世界中で多くのファンから支持を得ている9人組のボーイズグループだ。最近では3rdミニアルバム「We're Not Alone Chapter 2:You&Me」を発表し、さらに活動の幅を広げている。

そんなGreat Guysでビジュアルを担当しているウィヨンが今回、世界初の8K UHDミュージカル映画となる「K-School」に出演が決定した。映画「K-School」は、ファッションスクールを舞台にミレニアル世代の夢と恋、そして友情を描いた青春ロマンスミュージカル映画だ。

世界初となる8K UHDミュージカル映画である同作は、韓国電波振興協会超高画質コンテンツ製作支援事業に選定された作品として、企画段階から中国と日本での公開が決まっており、アジアにセンセーションを引き起こすと期待されている作品だ。

写真=KANGcontents
劇中でウィヨンが演じるテディーは、上位1%のみが入ることができるとされる韓国デザインスクールの中で「星」のような存在の男性だ。財閥4世でありながら、優しさと謙遜さを持ち合わせるイケメンであり、そのため多くの女子生徒からの人気も高く、清掃員にも礼儀正しく振る舞うことができる実に紳士的な人物である。

そして、ファッションデザインに天性の才能を持ちながらも、貧しい家庭環境により、夢見ることすらできなかった天才少女スア(宇宙少女のダウォン)が、嫌がらせにあう場面では、さりげなくテディーがスアを救う白馬の王子様に。

それにより、幼い頃から親友だった韓国デザインスクール理事長の娘で「韓国のパリス・ヒルトン」とも言われるエイミー(APRILのイェナ)の怒りをかうことになる。

「K-School」の製作を務めるKANGcontentsのパク・ミギョン代表は、ウィヨンを抜擢した理由として 「彫刻のような容姿と無邪気な笑顔が魅力的なウィヨンのイメージが、スイートガイであるテディーにピッタリだった」と述べ、「中低音の魅力的な声を持ち、優しさを演じる時や迫力のある場面での演技を自由自在にコントロールできるウィヨンの高い演技力を評価した」と明かした。

ウィヨンは所属事務所DNA ENTERTAINMENTを通して「本当に夢のようなことが起きました。監督さん、作家さん、そしてスタッフの皆さんに迷惑にならないよう、最善を尽くして撮影に取り組みます。デビューから約3年間、Great Guysを支えてくれたGrace(ファンの愛称)と、この喜びを分かち合いたいです」と、意気込みを語った。

「K-School」は10月からクランクインし、12月に韓国で公開した後、海外に向けて発信していく予定だ。

記者 : Kstyle編集部