「秘密の森2」ペ・ドゥナ&イ・キュヒョン、3年ぶりの再会…シーズン1からのつながりが明らかに

Newsen |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=tvN「秘密の森2」放送画面キャプチャー
「秘密の森2」に、シーズン1に出演していたイ・キュヒョンがサプライズ登場した。

29日に韓国で放送されたtvN土日ドラマ「秘密の森2」第5話で、ハン・ヨジン(ペ・ドゥナ)は偶然ユン・セウォン(イ・キュヒョン)に会った。

この日ヨジンは、事件の調査のために収監されているイ・デソンに会いに行った時、意外な人物を目撃した。それはほかでもないセウォン。彼は「秘密の森」シーズン1で西部地検事件課の課長であり、殺人犯として反転を与えた人物。

ヨジンは収監中のセウォンだと分かり、彼にイ・デソンについて知っているのか尋ね、「久しぶりですよね。3年ぶりかな?」と挨拶した。セウォンは「外の人に久しぶりに会いますね。お元気でしたか?」と聞いた。

続いてセウォンはヨジンの身分証を見て「あ、警部補になられたんだ。おめでとうございます」と祝い、ヨジンは3年前のことで昇進したことについて「あ、ごめんなさい」と謝罪した。しかし、セウォンは気にせず「この前、物品を警部補が……警部さんが送ってくれましたか? 下着とかそういうもの」と尋ね、ヨジンは「いいえ。あの方じゃないでしょうか。元奥さん?」と推測した。

セウォンは「その人ではない」と確信し、ヨジンが「しっかり耐えなければなりません。体に気をつけて」と言うと、「あなたもです」と言って別れた。ヨジンはセウォンと別れた後、「必要なものはあるのか、聞けばよかった。バカみたい」と後悔した。

セウォンは「秘密の森」シーズン1で息子を失い、その事件の元凶となった背後を殺害した複雑な人物だった。彼への同情心を示すヨジンの姿が描かれ、シーズン1とのつながりが明らかになった。

記者 : ユ・ギョンサン