BTS(防弾少年団) ジョングク、新曲「Dynamite」MV公開後に話題となったニックネームとは?海外メディアが報道

TVREPORT |

写真=TVレポート DB
BTS(防弾少年団)のジョングクの世界的な人気が注目を集めている。

アメリカの媒体「All K-POP」は、最近発表された防弾少年団の新曲「Dynamite」のミュージックビデオで披露したジョングクのボーカルやダンスから、“ジョングクジャクソン”というニックネームでファンに注目されていると報道した。

特に新曲の発売後、Twitterのワールドワイドトレンドには、1位の「#DynamiteToday」、2位の「#BTSDynamite」の後を継いで「JUNGKOOK」がランクインし、世界的な人気を実感させた。

またこれに先立ち2月にNAVERのライブ映像配信アプリ「V LIVE」で行われた生配信「BTS Comeback Special」でも、ジョングクはカリスマ性溢れる眼差しでマイケル・ジャクソンの振付を披露して見せ、“ジョングクジャクソン”と呼ばれ話題となった。

防弾少年団の「Dynamite」のミュージックビデオは、公開4日で再生回数が2億回を突破するなど、記録の更新を続けている。以前2億回達成の自己記録であった「Boy With Luv(Feat.Halsey)」(11日19時間42分)よりなんと1週間以上早い記録だ。

「Dynamite」のミュージックビデオは、公開時点で同時接続者数300万人を超え、歴代最多のYouTube Premierでのミュージックビデオ視聴記録を達成した。

同曲は、新型コロナウイルスで皆が大変な時期に活力を吹き込もうという防弾少年団の思いを収めた曲だ。

防弾少年団は31日の午前9時、「2020 MTVビデオ・ミュージック・アワード」(「2020 MTV VMAs'」)で「Dynamite」のステージを初披露する。

・BTS(防弾少年団) ジョングク、インドネシアの有名牛乳ブランドの公式アカウントに登場…たちまち売り切れに

・BTS(防弾少年団) ジョングク、SNSから地下鉄まで驚きのスケール…中国ファンクラブが誕生日イベントを開催

記者 : イ・ウンヒ