チョン・ギョンホ、演技に対する情熱を告白「良い考えと言葉を使うことができてこそ…」

OSEN |

写真=「COSMOPOLITAN」
俳優チョン・ギョンホが、「COSMOPOLITAN」20周年創刊記念号のカバーを飾った。まるでノワール映画のワンシーンのような彼の眼差しと男らしさが際立つカバーとグラビアが印象的だ。

良い俳優になりたくて演技を続けているというチョン・ギョンホは「良い俳優になるためには、まず良い人にならなければなりません。良い考えと言葉を使うことができてこそ、それが演技で表現されると思います」とし、演技に対する情熱を謙虚に表現した。

もし再び20歳に戻ることができれば、何をしたいかという質問には「僕は今が好きです。もし20歳に戻って、今までやってきた作品をもう一度やれと言われたら戻りたいんですが、新しいことをしなければならないと言われたら嫌です。今までやってきた作品と現在の人生に感謝して満足しています」とし、骨の髄まで俳優であることを証明した。

「賢い医師生活」の撮影を終えて休息期を過ごしている彼は「シーズン1が終わって感謝したのは、まだドラマが終わっていないということでした。新しい経験であると思います。まだ終わっていないということが」とし、シーズン2に対する期待を集めた。

また最近、映画「狎鴎亭(アップグジョン)レポート」の撮影を開始し、「賢い医師生活」のジュンワンとは180度異なる魅力の医師の姿を見せる予定だ。

チョン・ギョンホのグラビアとインタビューは、「COSMOPOLITAN」とウェブサイトを通じて確認することができる。

記者 : ハ・スジョン