少女時代 ソヒョン&コ・ギョンピョら出演、新ドラマ「私生活」予告映像第2弾&第3弾を公開

MYDAILY |

写真=JTBC「私生活」予告映像キャプチャー
総合編成チャンネルJTBCの新しい水木ドラマ「私生活」(脚本:ユ・ソンヨル、演出ナム・ゴン)に出演する少女時代のソヒョン、コ・ギョンピョ、キム・ヒョジン、キム・ヨンミンが、詐欺戦争の序幕を知らせた。誰も信じられない本物の“詐欺師”の異なる歩みが込められた予告映像第2弾と第3弾が公開された。

「私生活」はプライベートを共有し、盗み、操作する時代に、詐欺師がすべての技術を総動員して国家の巨大な“私生活”を明らかにする痛快な詐欺ドラマだ。

予告映像第2弾では、チャ・ジュウン(ソヒョン)とイ・ジョンファン(コ・ギョンピョ)の快速ロマンスと共に強烈などんでん返しを暗示し、作品に対する期待を高めた。

イ・ジョンファンは、チャ・ジュウンにプロポーズをして結婚準備に突入する。しかし、イ・ジョンファンの前で清純な姿を見せていたチャ・ジュウンはすぐにプロ詐欺師の姿を見せ、彼らのラブストーリーの裏に隠されている話を期待させる。

上位1%のプロ詐欺師チョン・ボッキ(キム・ヒョジン)と野心的な詐欺師のキム・ジェウク(キム・ヨンミン)も異なる姿を見せた。チョン・ボッキは、図々しい詐欺師の気質を如実に表わし、キム・ジェウクは怒りを抑えるような台詞とは違って、優しく子犬を抱いている姿で、興味をそそるドラマを予告した。

26日に公開された予告映像第3弾は、予期せぬ組み合わせの会話で火ぶたを切った。しっかりした大企業のオフィスにいるべきイ・ジョンファンが、古ぼけた場所でチョン・ボッキと2人きりで対峙している。「みんなそう言ってる? ユー(You)が最高だと?」というチョン・ボッキとの微妙な関係が示唆され、大企業のチーム長だと思っていたジョンファンについての謎をさらに深まらせた。彼が会った“詐欺師”は、チョン・ボッキだけではない。「真実を明らかにしないと」と、チョン・ボッキの詐欺パートナーであるキム・ジェウクと1台の車に同乗した。彼の本当の目的が気になる部分だ。

一方チャ・ジュウンは誰かを「ドキュメンタリーの助演にする」と誓って、怪しい歩みを続けた。「ドキュメンタリー」は詐欺を意味する“詐欺師”たちならではの用語。得意な変装術が、今回も遺憾なく発揮された。清潔なスチュワーデスに変身して街を闊歩しながらも、いつの間にかセクシーに変貌した姿でバー登場し、「惹かれるときにぱっと引き寄せないと」と誘惑の言葉を駆使した。

チョン・ボッキとキム・ジェウクも、見逃せない“詐欺師”の存在感を表わした。チョン・ボッキは誰かのターゲットになったかのような状況でも、「補償するよ」と魅力的な手を差し伸べられる詐欺師の中の詐欺師であり、ジェウクは世の中には真実がないという信念で、胸の中深くに隠しておいた野心を表わした。ここで、チャ・ジュウンの詐欺パートナーであるハンソン(テ・ウォンソク)と、彼女へ詐欺の遺伝子を譲った父親のチャ・ヒョンテ(パク・ソングン)まで登場し、予想することができない展開を予告した。

制作陣は「詐欺師たちの怪しい歩みが始まった予告映像第3弾が、26日に公開された。何を考えているのか分からない会話が行き来し、誰が誰の味方であるのかも分からない。お互いに騙されごまかして、誰も信じられない詐欺戦争の中で、彼らがどのように協力、または裏切っていくのか、予測不可能な関係が注目すべき点だ」と説明した。

「私生活」は「テバク~運命の瞬間(とき)~」「愛の温度」を通じて、繊細ながらも力強い演出で認められたナム・ゴン監督と、「ハートレスシティ ~無情都市~」「美しい私の花嫁」の細かい物語を通じて熱狂的なマニアファン層を保有している脚本家のユ・ソンヨルがタッグを組んだ作品である。「私たち、恋してたのかな?」の後番組として、韓国で9月に放送がスタートする予定だ。



記者 : チョン・ジヒョン