SF9 インソン&フィヨン、成熟した魅力のグラビアを公開「良いメンバーたちと様々な経験ができるのが大きな楽しみ」

OSEN |

写真=「GQ KOREA」
SF9のインソン、フィヨンが多彩な魅力を披露した。

インソンとフィヨンは最近、男性誌「GQ KOREA」9月号で阿吽の呼吸を誇り、男性らしさが感じられるグラビアを公開した。

このグラビアでは、カメラを見つめるインソンとフィヨンのより一層成熟した姿が視線を奪う。2人は様々なコンセプトを完璧にこなし、プロらしい姿を見せた。

グラビア撮影後に行われたインタビューで、インソンは「良いメンバーとグループを結成し、様々な経験ができるこの状況そのものが大きな喜びだ」と、最近の活動について心境を語った。またデビュー後、最も記憶に残っている瞬間を聞くと、フィヨンは「初の単独コンサートを本当に楽しく行った思い出がある。大きな規模ではなかったけれど、とても感動した」と伝えた。

2人は、音楽と演技など様々な分野で活躍している。7月、SF9は8thミニアルバム「9loryUS」のタイトル曲「Summer Breeze」でアルバム活動を盛況裏に終えた。そして、8月に公開されたウェブミュージックドラマ「ドッコ・ビンはアップデート中」で主演を務め、若者たちの恋愛模様を描く予定だ。

「ドッコ・ビンはアップデート中」でインソンは、優しいけれど気が利かない“生まれつきのチンタ(ダサい人)”の新入生ハ・ドクホ役に扮し、すべてに対して不器用だが、可愛らしい大学生を演じる。また、フィヨンは“顔天才”の人工知能ロボット「トッコ・ビン」として熱演し、人間味がないほど完璧だが、誰よりも暖かい心を持ったキャラクターと完璧なシンクロ率を見せる。

記者 : シム・オンギョン