「王になった男」ヨ・ジング、一人二役を熱演“大好きな原作映画のドラマ化…悩んだけれど勇気を出した”

KSTYLE |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。

ヨ・ジングが一人二役を演じたドラマ「王になった男」のDVDが現在、好評発売&レンタル中。イ・ビョンホン主演の大ヒット映画をドラマ化した本作は、王の影武者となった男の禁断の愛と数奇な運命を描く壮大なストーリー。正義感にあふれた道化師ハソンと狂気の王イ・ホンの一人二役を務めた彼の迫真の演技は必見!

今回DVDリリースを記念して、ヨ・ジングのオフィシャルインタビューが到着! 演じ分けのポイントから出演オファーを受けた時の心境までたっぷりと語ってくれた。

【プレゼント】「王になった男」ヨ・ジング直筆サイン入りポラを2名様に!応募はTwitterをフォロー&リツイート

――今回の作品で演じたイ・ホンとハソンという人物について紹介をお願いします。

ヨ・ジング:まずハソンという役柄ですが、彼は道化師です。ハソンは何というか……とても肝が据わっている人物です。臆することなく王様や両班(ヤンバン)の真似をして、全力でお客さんを楽しませようとします。ハソンは王様と瓜二つなので、王宮に行って王様の身代わり役を務めることになります。もう片方のイ・ホンは王様ですが、よく想像するような王の姿とは違って、とても危うく権力欲が強い人物です。暗殺されるかもしれないという被害妄想のせいで、怯えながら生きています。今までお見せできなかった僕の新しい一面を見せられる役柄だと思います。

――本作で一人二役を演じてみていかがでしたか? 難しい部分などはありましたか?

ヨ・ジング:一番気を使ったのは2人が同時に映るシーンですね。1つの顔で2人を演じるのでどうやって違いを出すか……それが悩みでした。眼差しで違いを出すために、鏡を見ながら色々と試行錯誤をしました。また、演技自体もそうですが、衣装や照明、カメラの角度など、スタッフさんの力を借りて、違いを明確に出せるように努力しました。

一人二役を熱演「大好きな原作映画のドラマ化なので…」

――本作の出演オファーを受けたときの心境は?

ヨ・ジング:今までの時代劇と最も異なる点は、原作が別にあって、本作はリメイク作品だという点だと思います。原作の映画「王になった男」は僕も大好きなので、リメイク版に出演することについて、ものすごく悩みました。「僕が演じてもいいのか? ちゃんと演じられるのか?」と最初は確信が持てなくて。でも、一人二役というのが気になっていて、いつか演じてみたいと思っていたんです。俳優にとっては魅力的な役柄なので、若いうちに挑戦した方がいいだろうし、年を重ねればもっと挑戦しづらくなるかもしれない、そう思って勇気を出しました。

――映画「王になった男」のリメイクですが、参考にした部分はありますか?

ヨ・ジング:僕は映画が公開されたときにすぐに観て、まさか自分がドラマに出るとは想像もしないまま、その後も何度も原作を拝見していたので、だからこそ悩みました。自分の好きな作品だったので。正直に言うと、僕が演じたらどうなるかなと想像したこともありました。でも実際にオファーを頂いたら、やはり悩みました。

そう簡単に「はい、やります」とは言えなかったのですが、監督にお会いして出演を決めたんです。監督は「確かにこの作品は原作があるけれど、新しいストーリーを構想し、二次創作している。だから原作にとらわれず、ドラマならではのイ・ホンとハソンを作り上げるのが重要だ」そう言ってくれました。それで心が軽くなり、原作とは異なるイ・ホンとハソン像を考えられるようになりました。原作は気にせずに、ドラマにどういう要素を加えたら面白く見せられるか、登場人物の新しいストーリーがあるならば、それを視聴者にどう見せるかについて考えました。

(C)STUDIO DRAGON CORPORATION
――本作で最も印象に残ったシーンは?

ヨ・ジング:毎話のエンディングシーンですね。この作品はエンディングにも力を注いでいるんです。これまでも時代劇に出演しましたが、今まで一度も行ったことのない絶景の地で撮影したんですよ。セットも含めて綺麗なシーンが多いので、選ぶのは難しいですが、ドラマを見ていただけたら、きっと皆さんも同じことを感じるのではないかと思っています。

――時代劇を演じる上で、気をつけた点はありますか?

ヨ・ジング:時代劇だから気をつけるというよりは、今回の作品では、ハソンとイ・ホンの語調の違いに気を使いました。イ・ホンという人物を、今までとは少し異なる語調で表現したかったんです。王様は威厳のある語調で演じることが多いですが、イ・ホンという人物には合わないと思い、新しい語調を模索するのに苦労しました。

それからハソンは道化師だったので、冒頭の部分では粗雑でもっと俗っぽいんです。なので現代劇と大差ない語調で演じていました。でも後半になるにつれて、柔らかくまっすぐな強さを表現できる、堂々とした語調になるように努力しました。時代劇では語調がやはり重要だと思うので、そこに気を使いましたね。他の点にも気をつけましたが、一番は人物ごとの眼差しと、時代劇ならではの語調だと思います。

――演じていて大変だった点はありますか?

ヨ・ジング:大変だったシーンのうちの一つは、ハソンが王宮から逃げ出して、妹の苦しみを知った時ですね。その時は精神的にも辛かったです。イ・ホン役で一番大変だったのは、第8話のエンディングです。あのシーンは浜辺で撮ったのですが、ものすごく強風だったので肉体的にもきつかったですし、イ・ホンの死を受け入れるのが、個人的には難しく、胸が痛くなる切ないシーンでした。それ以外にも、王妃に秘密がバレてしまったシーンも辛かったです。登場人物たちに少しずつ、何と言うか……大きな事件が立て続けに起きたので心が休まらず、胸が痛かったです。でもハッピーエンドなので良かったと思います。

イ・ホンとハソンどちらに似ている?「普段の僕は…」

――イ・ホンとハソンを演じて、ご自身と似ている部分はありましたか? 2人のうちどちらに似ていますか?

ヨ・ジング:半分ずつ混ざっているかも。普段はハソンに似ていると思います。友人と会うときも陽気なので。イ・ホンの一面もあると思います。暗いところが少しだけ似ているかもしれません。本当に少しだけですけど(笑)。彼にそっくりだったら危険人物ですよ(笑)。でも、イ・ホンに共感できる部分もありました。彼は幼い頃から心に大きな傷を負っている人物なんです。両親の愛情を知らずに育ったことを考えると、彼が理解できるような気がしました。でも普段の僕は道化師の時のハソンですかね。とても明るい性格で、エネルギーが満ち溢れている点が似ていると思います。

――イ・ホンとハソンという正反対の2つのキャラクターを演じるにあたって、意識したことはありますか?

ヨ・ジング:2人が向かい合った時の立ち姿や首を動かす角度、顔の表情などをはじめ、眼差しとジェスチャーに神経を注ぎました。注意すべき点が多いので、多くは現場で話し合って決めました。あとは王妃とやり取りするシーンも気をつけましたね。でも一番はイ・ホンとハソンが初対面した時や、久しぶりに再会するシーンで、違いを明確に出したかったんです。僕も少し心配していたのですが、ストーリー自体がしっかりしていたので大きな心配はありませんでした。あとは自分が演じるだけでしたから(笑)。

――イ・ホンとハソンを通して視聴者の皆さんに伝えたいメッセージは?

ヨ・ジング:ドラマの時代背景が朝鮮時代なので、具体的に“この人のようになって”とは言えません。なかなか難しいですよね。でも、終盤でハソンが都承旨(トスンジ:朝鮮時代の承政院の長官)のイ・ギュ(キム・サンギョン)に言う「私は信じてます」というセリフが胸に響きました。僕自身にも言ってあげたい言葉だと思いました。皆さんも自分を信じる心を持ってほしいです。僕はこの作品を通して、俳優として、そして演技に関しても、自信が持てるようになったんです。多くの方の心に響く作品だと思います。

(C)STUDIO DRAGON CORPORATION
――撮影中の雰囲気はいかがでしたか?

ヨ・ジング:今後もう二度とこんな現場はないだろうと思うほど、みんなが意気投合していて楽しい現場でした。作品自体は若干重い展開でしたが、撮影現場ではみんな常に笑顔でしたね。もちろん他の作品の現場も良かったのですが、「王になった男」の撮影現場は和気藹々としていて最高でした。辛い時はお互いに声を掛け合いながら撮影していたので、“またこういう現場ならいいな”“こういう現場を作れるように頑張ろう”と、今はそう思います。

――撮影現場でのムードメーカーは誰でしたか?

ヨ・ジング:一番はキム・サンギョンさんですね。僕がいつか先輩俳優と呼ばれる立場になったら、サンギョンさんのようになりたいです。どうしたらみんなで楽しく撮影できるかを一生懸命に考えてくださって、とても良くしてくれました。サンギョンさんを見習いたいですし、最高のムードメーカーでした。

――俳優ヨ・ジングさんにとって「王になった男」とは?

ヨ・ジング:“成長”ですね。ストーリー自体がハソンの成長を主軸にしていますが、ハソンが王になり成長していく過程で、僕も成長したと思います。この作品をやる前はどう演じるかについて、迷いがありました。でも、本作を通じて自分に対する自信が芽生え、確信も持てるようになり、今になってやっとスタートラインに立てたような気がします。僕を成長させてくれた大切な作品です。

日本のファンへ「衣装や風景、三角関係にも注目です!」

(C)STUDIO DRAGON CORPORATION
――日本の視聴者の皆さんに見どころを教えてください。

ヨ・ジング:思い入れのある作品なので、選ぶのは難しいですね(笑)。まず、背景となる景色や演出に気を使いました。時代劇だからこそお見せできる自然の風景だとか、セットが醸し出す雰囲気にも配慮しました。衣装にも力を入れたので、そういう点にも着目していただけたらいいかもしれません。

それから、映画よりも登場人物が増えているんです。王妃は原作にもいましたが、原作よりも恋愛の要素が多くなっています。三角関係も描かれているので、ハラハラしたり甘い気分に浸りながら、ロマンスを楽しんでいただくのもいいと思います。ドラマで新たに加わったシン・チス(クォン・ヘヒョ)というキャラクターが巡らす計略に、ハソンやイ・ホンがどう対応するか、そういうところに注目して見ていただくのもいいと思います。

――日本のファンの皆さんにメッセージをお願いします。

ヨ・ジング:ハソンを通じて、皆さんの傷が癒され、イ・ホンを通じて……彼に共感するのは無理でしょうが(笑)、悪役を通じて一種の痛快さを感じていただけたらと思います。2人とも魅力的な人物ですし、それだけでなく他の登場人物も楽しんでもらえると思います。多くのご声援をありがとうございます。

■商品情報
「王になった男」
【セル】
○DVD-BOX1:発売中
価格:¥12,600+税
品番:HPBR-687
1~12話 / 7枚組

○DVD-BOX2:9月2日(水)発売
価格:¥12,600+税
品番:HPBR-688
13~24話 / 7枚組

○DVD-BOX3:10月2日(金)発売
価格:¥10,800+税
品番:HPBR-689
25~34話 / 6枚組

発売元:「王になった男」パートナーズ
販売元:ハピネット・メディアマーケティング

【レンタル】
TSUTAYA先行(3ヶ月先行)でレンタル開始
・Vol.1~7:レンタル中
・Vol.8~14:9月2日(水)レンタル開始
・Vol.15~20:10月2日(金)レンタル開始

<仕様>
本編各2話(Vol.3、6、9、12、15、18は本編1話+特典)
発売元:「王になった男」パートナーズ
販売元:PLAN Kエンタテインメント

■関連サイト
「王になった男」公式サイト:http://kandra.jp/ouninattaotoko/

記者 : Kstyle編集部