チョン・ジョンソ&ソン・ソック、映画「ウリ、ジャヨン」にキャスティング…下半期にクランクイン

OSEN |

写真=各所属事務所
チョン・ガヨン監督の商業映画デビュー作「ウリ、ジャヨン」(仮題)がチョン・ジョンソ、ソン・ソックのキャスティングを決定し、撮影の準備に入った。

「ウリ、ジャヨン」は寂しいのは嫌だが、恋愛は下手な33歳のウリと、恋愛はしたいが、恋愛が難しい29歳のジャヨンという恋愛も仕事も大変な二人の男女がアプリを通じて出会ってから繰り広げられるストーリーを描く。

自主映画「Beach on the beach」「Hit the Night」「ハート」など、女性の愛と欲望に対する大胆な物語、生々しい演出で好評を博してきたチョン・ガヨン監督の商業映画デビュー作になる。

カンヌ国際映画祭にノミネートされたイ・チャンドン監督の映画「バーニング」で強烈にデビューしたチョン・ジョンソは成熟した30歳を夢見たが、たまるのは借金と失敗の経験だけで、1ヶ月付き合った彼氏にも振られ、恋愛引退を宣言した29歳のジャヨン役を演じる。恋愛はうまくいかないが、いつも堂々として唐突な性格のジャヨン役に扮するチョン・ジョンソは、予測できない魅力を見せてくれると期待される。

33歳の雑誌社の新人記者ウリ役は、Netflixドラマ「Sense8」シーズン2で世界中の視聴者を魅了し、ドラマ「60日、指定生存者」「最高の離婚」「恋愛体質」、映画「スピード・スクワッド ひき逃げ専門捜査班」など、様々な作品で都会的な魅力と安定した演技力を見せてきたソン・ソックが演じる。仕事でも、恋愛でも上手く行かない人物で、小説家を夢見たが、現実はセックスコラムを書いているウリ役のソン・ソックは特有の個性に率直で現実的な魅力を加えた新しい姿を見せてくれると見られる。

映画「ウリ、ジャヨン」は、下半期にクランクインする予定だ。

記者 : チェ・ナヨン