MOMOLAND ナユン、活動中のスランプを語る「悪質な書き込みが多かったので…」

Newsen |

写真=「bnt」
新型コロナウイルスの影響で、思いがけず空白期を過ごしているMOMOLANDのナユンのグラビアが公開された。

最近、グラビア撮影でナユンは、純白のワンピースを身にまとって清純な魅力をアピールし、トレンディなアスレジャースタイルも完璧に着こなした。最後のコンセプトでは、今まで見たことのないシックでツンとしたイメージを演出し、より一層成熟した魅力をアピールした。

グラビア撮影後に続いたインタビューで、彼女はウェブドラマ「ザ・ポリス」の撮影を終えて、メンバーたちと練習に取り組んでいる近況を伝えた。彼女は「ザ・ポリス」で務めたソ・アジン役とのシンクロ率について、「50%ぐらいだと思う。明るくエネルギッシュな雰囲気だけ似ていて、堂々とした雰囲気とはかけ離れている」と話した。人見知りが激しいと明かした彼女は「ナンシーと1番最初に仲良くなった。本当にたくさん声をかけてくれて、練習生の時にナンシーがたくさん助けてくれた」と付け加えた。

女優志望だという彼女に、歌手としてデビューしたきっかけを聞くと「踊って歌うのも本当に楽しくて、アイドルを始めた。やってみたらもっと興味が湧いてきて、(歌手に)変わったのだ」と答えた。女優を夢見ることになったきっかけとしては、「SBS『主君の太陽』でコン・ヒョジン先輩の演技が本当にカッコよかった。そのドラマを見て、本当に演技がしたいと思った」と明らかにした。

出演してみたいバラエティ番組としては、SBS「ランニングマン」を挙げた。メンバー全員、活動的なことが好きで、全員で出演してみたいという。挑戦してみたいYouTubeコンテンツについて聞くと、「モクバン(おいしそうにたくさん食べる番組のこと)がしたい。食べるのが本当に好きで、メンバーたちもみんなよく食べる。全員食べるのが好きだから、やったら面白いと思う」と答えた。また、ダイエットに対する質問には、「1日に1食を食べて、毎朝体重を計る」と話した。

早くもデビュー5年目を迎えた感想を聞くと、「新人たちがたくさんデビューしている。そのたびに、それだけ私たちも長くなったなと感じる。Mnet『SURVIVAL MOMOLANDを探して』もしたし、自分たちで自らPRしたのが1番記憶に残っている」と伝えた。

活動中のスランプに対する質問には、「悪質な書き込みが多かった。そのような部分が少し大変だったけど、今はだいぶ鈍くなった。そんなことに傷つくこともなく、『人はみんなそれぞれだから』と思ってやり過ごしているけど、デビューして間もない頃は傷ついた」と明らかにした。ロールモデルとしては、少女時代に言及し、「長寿のガールズグループになりたい」と明らかにした。理想のタイプは「私と息が合って、面白い人」と話した。

ヒット曲が多いMOMOLANDのメンバーとして、最も愛着を持てる楽曲を聞くと「やはり『BBoom BBoom』じゃないかな。ほぼ13週活動して忙しかったけど、その瞬間1つ1つが全部記憶に残っている」と答えた。続いて「私たちの人気が伸びて、友達が連絡をたくさんしてきた。そのときに実感した」と付け加えた。

・MOMOLAND ナユン、ウェブドラマ「ザ・ポリス」に出演決定…完璧な大学生に変身

・MOMOLAND ナユンの #おうち時間 をのぞき見!Kstyle特別インタビュー

記者 : ファン・ヘジン