韓国放送局KBSとJTBCでもクラスター発生か?ドラマ撮影・放送が相次いで中断…新型コロナ再拡散で芸能界に打撃

MYDAILY |

写真=マイデイリー DB、Ace Factory
芸能界に新型コロナウイルスの感染者が発生したことにより、番組関係者にも赤信号が灯った。

先立って19日、ソ・ソンジョンが新型コロナウイルスの陽性判定を受けた。これにより彼が出演したKBS 2TV月火ドラマ「あいつがそいつだ」の撮影が中断となり、その撮影を共にしたスタッフも検査を受けて、自主隔離をすることになった。幸いなことに、全員が陰性判定を受けて、撮影再開の目処を議論している。

2次感染も発生した。ソ・ソンジョンと同じ演劇に出演中だったホ・ドンウォン、キム・ウォネも新型コロナウイルスの陽性判定を受けたのだ。この演劇は、公演中断を発表した。

またホ・ドンウォンは、KBS 2TV水木ドラマ「ドドソソララソ」に出演中だ。「ドドソソララソ」は、「あいつがそいつだ」と同じスタッフが数名おり、そのスタッフたちも検査を受けた状況だ。「ドドソソララソ」の出演者やスタッフたちは検査を受けて、結果が出るまでドラマの撮影を中断するとし、「撮影再開や放送開始など、今後のスケジュールを議論するにおいても、何よりも出演者や制作陣の安全確保と感染予防を最優先に考慮する」と伝えた。

「ドドソソララソ」に出演中のAraは感染者発生のニュースを受けて検査をして、ホ・ドンウォンと一緒に撮影をしたソ・イスクも検査後に自主隔離を行っている。ソ・イスクが出演するtvNドラマ「スタートアップ」の撮影はキャンセルとなった。

写真=KBS
キム・ウォネは陽性判定後、予定されていたスケジュールを全てキャンセルした。tvNの新ドラマ「昼と夜」の撮影をしていたソ・ソンジョンとは、潜伏期間前に撮影をして、最近は一緒に撮影したことが無いと伝えられた。しかし、JTBCの新金土ドラマ「場合の数」に出演する俳優キム・ヒジョンがキム・ウォネと接触して検査を受け、「場合の数」はこの日キム・ヒジョンの撮影がなかったが、安全のために撮影を中断した。

オ・マンソクは、ホ・ドンウォンを担当したメイクアップアーティストと密接に接触したことにより、新型コロナウイルスの検査を受けた。先立って同メイクアップアーティストは、陽性判定を受けた。これによりオ・マンソクが出演中のJTBC「ジャンルだけコメディ」の撮影が中断され、JTBC社屋の防疫措置が行われた。そして本日(21日)、オ・マンソクは陰性判定を受けたが、予定していたスケジュールをキャンセルして自主隔離に入った。

また、JTBCドラマ「ラン・オン」の撮影も中断した。スタッフが、感染が疑われている他のドラマスタッフと接触したためだ。JTBCドラマ「私生活」も、感染者が発生した他のドラマの協賛を進めていたスタッフが、「私生活」の協賛に携わっていたため、撮影中断を決定した。

さらにJTBCの新月火ドラマ「18アゲイン」も本日、「感染者や濃厚接触者はいないが、撮影に携わるすべての関係者の健康と安全を考慮して、撮影を一時中断した。今後のスケジュールは議論した後に決定する予定だ」と伝えた。

・「あいつがそいつだ」出演者が新型コロナ陽性も…スタッフは全員陰性“撮影再開の時期を議論中”

・韓国でも舞台クラスター発生か?出演者15人が新型コロナウイルス陽性判定…19人は検査結果待ち

写真=JTBC

記者 : キム・ミリ