AFTERSCHOOL ナナ、ドラマ「出師表」放送終了を控え心境を告白“終わることが信じられない”

MYDAILY |

写真=Pledisエンターテインメント
“ラブコメクイーン”の位置を固めたAFTERSCHOOLのナナが、ドラマ「出師表」の視聴者たちに放送終了の感想を伝えた。

ナナは本日(20日)、KBS 2TV水木ドラマ「出師表」の最終回を控えて所属事務所であるPledisエンターテインメントを通じて「これまでドラマ『出師表』を視聴していただいたすべての方々に感謝します。初挑戦したラブコメディーに多くの関心をお持ちいただき、もっと愉快に楽しく撮影することができました」と感謝の挨拶を伝えた。

続いて「今もドラマが放送終了するという事が信じられないです。寒い天気に撮影を始めて暑い天気まで、スタッフの方々と監督、俳優の方々が2つの季節を共にして雰囲気も本当に良かったですし、親しくなりました。ドラマ『出師表』とク・セラをたくさん思い出して、懐かしくなりそうです」と真心を伝えた。

ドラマ「出師表」は、就職の代わりに出馬を選択した就活生ク・セラ(ナナ)と、左遷されたエリート事務官ソ・ゴンミョン(パク・ソンフン)が不良政治家たちに立ち向かうオフィス・ラブコメドラマで、ク・セラとソ・ゴンミョンの愉快で現実的なストーリーと甘いロマンスで関心を集め、最終回だけが残っている。

ナナはドラマ「出師表」の主人公ク・セラ役を演じて、初回から予想できない代替不可能な“ククラッシュ(ク・セラ+ガールクラッシュ:女性が女性に憧れること)”の魅力と猪突的で堂々とした魅力で視聴者の心を捉え、自由自在に調節することができる熱演を披露し、人々を魅了した。

このように彼女は、韓国の初ドラマデビュー作「グッドワイフ」を通じて女優ナナというイメージを確実に伝え、多彩な演技のスペクトルを証明した映画「スウィンダラーズ」、細かい演技のディテールが目立ったドラマ「Kill It」を始め、豊かな感情演技が印象的だったドラマ「ジャスティス」まで多彩なジャンルで活躍した。

これにドラマ「出師表」を通じてラブコメディーのジャンルに初挑戦したナナは、以前とはギャップのある姿で可愛らしい魅力のク・セラ役に完璧に没頭し、唯一無二のキャラクターを構築した。そしてこれからの女優として無限の変身を期待させ“ラブコメクイーン”として位置付けた。

ナナが出演しているドラマ「出師表」は、本日(20日)の午後9時30分にKBS 2TVで最終回が放送される。

記者 : ヨ・ドンウン