Wanna One出身カン・ダニエル、新曲「Movie」MVを公開…ヘンリー&チョ・セホら豪華カメオ出演が話題

OSEN |

写真=KONNECTエンターテインメント
Wanna One出身カン・ダニエルが、2ndミニアルバム「MAGENTA」の収録曲「Movie」のミュージックビデオを公開し、話題になっている。

カン・ダニエルは18日午後6時、公式YouTubeチャンネルを通じて2ndミニアルバム「MAGENTA」の収録曲「Movie」のミュージックビデオを公開した。16日に韓国で放送されたSBS「人気歌謡」を最後に「MAGENTA」の公式活動は終了したが、ファンへのサプライズプレゼントとして今回のミュージックビデオを準備したのだ。

「Movie」は、1stミニアルバム「CYAN」の「Adulthood」で一度タッグを組んだDvwnがフィーチャリングに参加した楽曲で、初めて会った相手に感じるときめきを映画に例えて表現した歌詞が印象的なR&Bナンバーである。

全般的にユニークな雰囲気の今回のミュージックビデオは、企画段階からカン・ダニエルのアイデアから盛り込まれた。普段から映画が好きなカン・ダニエル本人の姿を込めた映像で、彼は友達と会って踊ったり、車に乗ってふらっと旅に出たり、一緒に映画を観覧するなど、楽しい瞬間を収め、見る人を自然に笑顔にさせた。

特に無表情な顔でポップコーンを食べたり、映画を見ながらあくびをするなど、自然で面白いカン・ダニエルの演技にファンから好評が続いている。

また、フィーチャリングに参加したDvwnはもちろん、Chancellor、ヘンリー、タレントのチョ・セホ、ナム・チャンヒまでが特別出演し、カン・ダニエルの活動を応援した。カン・ダニエルが直接出演を依頼したという豪華出演陣は、ミュージックビデオのいたるところで予期せぬタイミングで登場し、映像にもう一つの見る楽しみを加えた。

明るく弾む歌にふさわしく、軽くて楽しいダンスがクセになる今回のミュージックビデオは、大雨が降る厳しい環境の中で撮影されたが、気楽で楽しい雰囲気で行われ、撮影現場は終始笑いが絶えなかったという。

カン・ダニエルは最近、2ndミニアルバム「MAGENTA」の活動を終了した。

記者 : チ・ミンギョン