Rocket Punch、ファンから教わった日本語「ぴえん」「○○しか勝たん」に夢中!?3rdミニアルバム「BLUE PUNCH」でカムバック

KSTYLE |

今月4日に、3rdミニアルバム「BLUE PUNCH」でカムバックしたRocket Punch。タイトル曲「JUICY」は、サマーソングとして世界各国で反響を呼び、イギリスと日本のiTunes K-POPランキングでは発売と同時に1位を獲得、またマレーシア、トルコ、アメリカ、インドネシアなどでもTOP5入りするなど、世界中のファンから注目を集めている。

今回Kstyleでは、カムバックを記念してRocket Punchのメンバーにインタビューを実施! 今回のタイトル曲にちなんで「今夏挑戦してみたいこと」から、おうち時間にオススメの韓国ドラマ、さらに最近覚えた日本語&韓国語まで、たっぷりと語ってくれた。

 

夏といえば「Rocket Punch」と言ってもらえるように…

――3rdミニアルバム「BLUE PUNCH」について紹介をお願いします。

スユン:3枚目のミニアルバム「BLUE PUNCH」は、Rocket Punchの爽やかな魅力を感じることができるアルバムです! 「BLUE PUNCH」「JUICY」「SUMMER PUNCH!」「SUMMER NIGHT」「TWINKLE STAR」「THE THE」の6曲で構成されています。皆さん、是非たくさん聞いてください。

――今回のカムバックで、新たに挑戦したことはありますか?

ユンギョン:私は見た目でいうと、髪を紫に染めて、テレタビーズのキャラクター「ティンキーウィンキー」に変身しました! そして皆さんに久しぶりにステージをお見せするので、振り付けやボーカルも気合いを入れて頑張りました。前回の「BOUNCY」とは違う姿をお見せしようと、今回はさわやかで清涼な感じを表現しようと挑戦してみました。

――カムバック準備中や、MV撮影中の印象的なエピソードがあれば教えてください。

ヨンヒ:「JUICY」のMVで、砂の上に横になってカメラを見る様子と、その砂の上に座って暑がる場面を撮りました。撮影しながら、本当の夏休みを過ごしている感じがして、楽しかったです! いつか撮影じゃなくて、メンバーたちとみんなで一緒に遊びに行きたいと思いながら楽しく撮影しました。そして、撮影現場で使われていたのが本当の砂だったので、その中に虫もいて刺激的な撮影現場でした(笑)。

――新曲は清涼感たっぷりのサマーソングですが、みなさんが今夏、楽しみにしていることはありますか?

ジュリ:Rocket Punchがデビューして、もう1年が経つのですが、今回は去年の私たちより成長した姿をお見せできるカムバックになったと思いますし、Ketchy(Rocket Punchのファン)と一緒に過ごす、楽しくて幸せな夏を楽しみにしています。

ヨンヒ:Ketchyとの出会いですかね。そして今年の夏はもっと多くの方々に、私たちの歌とステージを見てもらえると思うと、わくわくします!

スユン:私は実は、夏を過ごすのがすごく苦手なんですけど、去年の夏はKetchyたちと一緒に楽しく過ごした記憶があります。今年の夏もKetchyと一緒に過ごせるので、どれくらい面白い夏になるんだろう! と期待しています。

ユンギョン:私たちが“Ketchyの夏は、Rocket Punch”といつも言っているメッセージがあるんですが、タイトル曲「JUICY」はメロディも歌詞も、夏に合う涼しさを持っているので、Ketchyだけでなく、皆さんが夏バテした時に、私たちの歌を思い出してくれたら嬉しいなと思います。

ソヒ:目標? で言うと、多くの方々にとって、夏といえば“Rocket Punchだ”と言ってもらえるように、素敵なステージをお見せすることと、体を壊さずに元気に活動を終えることです。

ダヒョン:私も一日でも早く、Ketchyの前でステージを披露できる瞬間を楽しみにしていて、夏といえば「JUICY」が思い浮かぶように活動を頑張っています!


最近見たドラマは?「『サイコだけど大丈夫』をメンバーと…」

――以前、Kstyleの動画インタビューで、宿舎にテレビがきたと仰っていましたが、最近見たテレビ番組やドラマ、映画などありますか? 現在、お家で過ごす時間が増えているので、おすすめのドラマや映画があったら教えて下さい。

ユンギョン:最近は、ドラマ「サイコだけど大丈夫」を楽しんで見ています。カムバック前は、スユンとダヒョンと宿舎で、一緒にドラマを見ながら過ごしていましたが、カムバックしてからは、移動時間にNetflixで少しずつチェックしています。

――家でエクササイズなど運動をする人も増えています。みなさん抜群のスタイルをお持ちですが、おすすめのエクササイズはありますか? またスタイルを維持するために心がけていることがあれば、教えて下さい。

スユン:私はプランクがおすすめです! 全身運動にもなるし、家でも簡単にできる運動なので、皆さんにおすすめです。少し大変ですけどね(笑)。あとは空腹の状態で、有酸素運動をします。朝ごはんを食べてない状態で、ランニングしたりジョギングをしたりするのですが、初めのうちは大変かもしれないので、運動時間を少しずつ増やしながらやってみることをおすすめします。


ファンから教えてもらった日本語「○○しか勝たん」に夢中!?

――最近覚えた日本語や、メンバー内で流行っている言葉などはありますか? またジュリさんは、最近覚えた韓国語はありますか?

ジュリ:最近覚えた韓国語だと、「エバチャムチ(에바참치:大げさに行動するという意味)」「キキルコカルキムコカル(낄낄꼴깔 김꼴깔:韓国で流行しているカカオトークのスタンプ)」「가는 말이 고와야 오는 말이 곱다(発する言葉が美しければ戻ってくる言葉も美しい、日本のことわざで言うと『売り言葉に買い言葉』)」を覚えました!

ソヒ:最近韓国では、ジュリさんも言ったように、キキルコカルキムコカル(낄낄꼴깔 김꼴깔:韓国で流行しているカカオトークのスタンプ)が流行っているよね! そして私は最近、日本語だと「発売」という単語を習いました。

ヨンヒ:私は最近、日本のKetchyが教えてくれたんですが、ジュリお姉ちゃんにも意味を聞いて分かるようになって、よく使う日本語が「~しか勝たん!」です 。主にKetchyに、「Ketchyしか勝たん!」というように使っています(笑)。

ダヒョン:私も「~しか勝たん!」を、日本のKetchyから教えてもらいました。「○○が最高! ○○を勝ってるものはない」という意味みたいですが、何か可愛い表現で、よく使うことになりそうです。

スユン:私はファンサイン会をしながら、「ちょ、まてよ」を習いました! ファンの方がジュリお姉ちゃんに使ってみてって言ってくれたんですけど、まだ使っていません。いつ使ってみようかな?(笑)メンバーの間では、ダヒョンの話し方を真似するのが流行っていて、みんな上手にマネしています! あ、私だけかな……?

ユンギョン:私もファンサイン会をしながらKetchyに教わった日本語なのですが、「ぴえん」という単語を教えてもらいました。サイン会中に、ファンの方から今使ってほしいと言ってもらったんですが、私はその時とても幸せだったので「使えません! Ketchyといっしょにいて悲しくないです!」と伝えました。

――昨年「GirlsAward」に出演されましたが、日本のファンと対面していかがでしたか?

ダヒョン:日本のファンの皆さんは、本当にリアクションも良くて、ずっと可愛いと言ってくれて、本当に感謝しかありませんでした。皆さんが本気で好きと言ってくれて、私たちも幸せでした!

――来日した際は、メンバーでどこか出かけたりしましたか?

ソヒ:ジュリお姉さんが、私の好きなチョコミントのおやつをいっぱい買ってくれて、本当に感動しました! 幸せでした。


次に日本へ行ったら?「皆でディズニーランドに…」

――次に日本に行ったら、やってみたいことや、行きたいところはありますか?

ジュリ:日本のKetchyたちに会いたいです。そして、メンバーみんなで一緒に東京ディズニーランドに行きたいです。

ヨンヒ:私も、いつもジュリお姉さんと言っているんですが、ディズニーランドに行きたいです! 一人で行くのでは意味がなくて、メンバーと一緒に行って楽しみたいです。

ユンギョン:いつもメンバー同士で、いつか皆で絶対ディズニーランドに行こうねと話しています。

ダヒョン:私も日本に行ったら、メンバーたちとディズニーランドにも行ってみたいし、あとはユニバーサルスタジオジャパンにも行きたいです!

スユン:私は以前から、すき焼きを食べてみたかったのですが、まだ食べられていないので、日本に行ったらぜひ食べてみたいです。あ、そして、みたらし団子も好きなので、それもまた食べたいですね。

ソヒ:私は、自分の故郷である大阪に行きたいです。日本に行って、付き合いの長い友達にも会いたいし、久しぶりにドン・キホーテにも行きたいし、きれいな風景を見に大阪城にも行きたいです。

――今の状況が落ち着いて、旅行に行けるようになったときに、日本ファンにおススメしたい韓国のお店やスポットはありますか?

ユンギョン:北村韓屋村をおすすめしたいです。韓国の伝統的な姿と、韓屋村から眺める夜景がとてもきれいです。そしておすすめ料理として、ビビンバを推薦します! 入れる材料によって味も違って、名前も変わるのがとても不思議で、本当においしいんです。


日本ファンに伝えたいこととは?

――今後の活動予定や、グループとしての目標を教えて下さい。

ヨンヒ:今は「BLUE PUNCH」の活動をしているので、活動に集中して良いステージをお見せしたいです。あとは、Rocket Punchはいろんな魅力を持っていて、これからも皆さんにお見せできる姿が無限にあると思うので、ぜひ期待していてください! グループとしての目標は、みんなで目標を決めて達成して、決めて達成して……こそ、グループとしてもより成長することができると思うので、まずは記録的な目標でいうと、1位をとることではないかと思います。

――最後に、日本ファンの皆さんにメッセージをお願いします。

ジュリ:日本のKetchyの皆さん、いつも温かい応援を本当にありがとうございます。私たちRocket Punchは、韓国でデビューして1周年を迎えました! 日本からketchyが届けてくれる沢山の愛のおかげで、幸せな1周年を迎える事が出来ました。遠くても近くても、世界中のketchyに、私たちの愛とエネルギーが伝わるように、沢山努力しているので、これからも私達に期待して下さい。これからも沢山の応援、宜しくお願いします。

記者 : Kstyle編集部