ユン・シユン、ドラマ「トレイン」放送終了を控え感想を語る“簡単ではない挑戦だったけど…”

TVREPORT |

写真=MOAエンターテインメント
俳優のユン・シユンがドラマ「トレイン」放送終了を控えて感想を明かした。

ユン・シユンは16日、所属事務所のMOAエンターテインメントを通して「最後の『トレイン』、最終列車を皆さんと一緒に待っている」と感想を語った。彼は「最後まで一緒に走ってきてくださった皆さんに感謝しており、皆さんがいたから途中で勇気を失うことなく来られた」とし、視聴者に対する感謝の気持ちをあらわした。

また「実は簡単ではない挑戦だった。簡単ではないシーンであり、内容で、演技だった」とし、「しかし、主人公だから僕が怯んだり、揺れたりすると僕を信じて一緒にやっているスタッフと制作陣、皆さんにも良くないので、勇気を出そうと思ったが、皆さんの応援と愛情のおかげで乗り越えられたと思う」と伝えた。

続いて「最後に皆さんにお願いしたいのは、素敵なソ・ドウォン(役名)を皆さんに見送っていただくことだ。果たしてこの寂しい人が魂の安息を得られるのか、本当に愛することができるのか、皆さんに最後まで見守っていただき、応援してほしい。そして幸せになれるよう祝福していただきたい」と愛情を見せた。

「トレイン」の最終回は本日(16日)夜10時30分に韓国で放送される。

記者 : イ・ユニ